世界のモビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS):都市人口の増加が市場の成長を促進、2025年までに5,633億米ドル規模へ成長予測

“通勤環境の改善、輸送コスト削減のため、自動車メーカー、スタートアップ、従来のレンタカー会社、およびテクノロジー企業がMaaSを創出”

モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS) は、都市部においてより効率的かつコスト効果の高い方法で移動するために、オンデマンドで自動車や二輪車へのアクセスを提供するプログラムです。当レポートによると、MaaSはクルマの所有と同等またはそれよりも低コストでより優れたアクセシビリティを提供しており、その結果、人々がクルマの購入を放棄もしくは先延ばしにし、通勤や旅行にカーシェアリングを頼るようになっています。

現在、多くの人々が都市部に居住し、世界の人口は、都市部やその近辺に流入しています。人々の居住地、職場、そして遊ぶ場所が近くなり、輸送インフラと交通網に負担がかかるようになりました。Omdia | TracticaのJohn Gartnerシニアアナリストは、「交通機関のオプションとMaaSがセットとなり組織化されている大都市圏では、交通渋滞を緩和し、交通事故と死亡者を減らし、アクセシビリティを高め、二酸化炭素排出量を削減し、歩行者とサイクリストにより良いエクスペリエンスを提供することができる」と指摘します。消費者がMaaSを頼るようにするためには、TrafiやUbiGoなど、携帯電話からこれらのサービスを比較できるアプリケーションがますます重要になるでしょう。Tracticaは、世界のMaaS市場が2025年まで24%のCAGRで成長し、5,633億米ドル規模に達すると予想しています。

当レポートでは、二輪車シェアリングや自動車サブスクリプションサービスがまだ初期段階にある一方、カーシェアリングやライドヘイリングなどのMaaSプログラムが幅広いサービスとビジネスモデルで成熟期に達していることを強調しています。また、各MaaSカテゴリの競争優位性と制約を対比させ各地域や世界の主要なプレーヤーに焦点を当てています。ライドヘイリング、カーシェアリング、自動車サブスクリプションサービス、そしてEスクーター/Eバイクシェアリングの2019年から2025年までの世界市場と地域別の収益予測も提供しています。

【 商品情報 】
モビリティ・アズ・ア・サービス (MaaS) :ライドヘイリング、カーシェアリング、自動車サブスクリプション (定額利用) 、Eスクーターシェアリング、およびEバイクシェアリング:世界市場の分析と予測
Mobility as a Service – Ride-Hailing, Carsharing, Vehicle Subscriptions, E-Scooter Sharing, and E-Bike Sharing: Global Market Analysis and Forecasts
● 発行: Omdia | Tractica
● 出版日: 2019年12月23日
● ページ情報: 英文 55 Pages; 26 Tables, Charts & Figures

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]