世界のコラボレーティブロボット市場:従来のロボットメーカーが新規プレーヤーとして市場に参入、競争はますます激化の見込み

”ABB、ファナック、川崎重工業、Rethink、Techman、Universal Robotsの今後の動向に注目”

世界のコラボレーティブロボット(コボット)市場は、効率、品質、生産の自動化などの影響を受け、急激な成長を遂げています。 Omdia | Tracticaによると、コボットは労働不足の緩和や多品種少量生産の需要を満たすことを目的に、大小さまざまな企業で採用されています。

コストの削減、安全性の向上、柔軟性の向上、迅速なセットアップ、そしてトレーニングのしやすさといった利点が、世界的なコボットの需要を後押しする要因となっています。従来のロボットメーカーは、この需要に見合うよう既存のロボットを適応させたり、新規のコボットを開発したりしています。この流れは「コボット」というカテゴリを創出し、ロボット市場のシェアを侵食し始めたスタートアップらに対する従来のロボットメーカーの反応といえます。Omdia | TracticaのシニアアナリストGlenn Sandersは「コボット市場は市場が成熟し確立し始めるまで、飽和状態が続くでしょう。スタートアップは様々なアプリケーションに仕えるユニークなコボットを市場に送り込むため、業界は今後数年で多様性が増すでしょう」と指摘します。今後、より多くの企業がコボットの恩恵に気づき、新たな利用方法を見つけ、自社プロセスに導入するため、需要は急速に高まるとOmdia | Tracticaは予測します。

当レポートでは、コボット業界の主要6社(ABB、ファナック、川崎重工業、Rethink、Techman、Universal Robots)を検証しています。重要な市場ドライバー、課題、そして製品を産業へ応用する方法について考察し、業界内の相対強度の一部を示すヒートマップを提供します。ベンダーやエンドユーザーへの提言も含まれます。

【 商品情報 】
コラボレーティブロボット市場:産業・企業用途の協働ロボット
Collaborative Robots Market Radar: Shared Workspace Robots for Industrial and Enterprise Applications
● 発行: Omdia | Tractica
● 出版日: 2019年12月20日
● ページ情報: 英文 32 Pages; 8 Tables, Charts & Figures

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]