ビデオ分析ソリューション:安全へのニーズが世界市場を牽引、2025年までに収益45億米ドル規模へ

【人工知能の台頭が精度の劇的向上に貢献、市場の需要に応える】

コンピュータービジョンの世界は近年急速に進化しており、一部のアプリケーション分野ではヒトより高い精度を有します。ビデオ分析(VA)と呼ばれるコンピュータービジョンの新しいアプリケーションが登場しました。VAは、インカミングビデオからデータを抽出し、ヒトにとって意味のある結果を生成します。当レポートによると、精度の向上により、市場の認知度が高まり、プロバイダーが増え、新しいユースケースが増えました。

計算能力の向上とカメラの解像度の向上により、コンピュータービジョンのアルゴリズムが成熟し、すべての面において精度の向上に役立っています。ビデオ分析ソリューションは、セキュリティアプリケーションの分野で重用されており、監視システムオペレータ、セキュリティ担当者、および企業経営者のニーズを満たす理想的なソリューションとなっています。しかし、多くの業界では、セキュリティ分野の枠をはるかに超えたさまざまなアプリケーションにVAシステムを採用しています。Omdia | Tracticaのプリンシパルアナリスト、アナンド・ジョシ氏によると、「VAによってデータが生成されるビジネスインテリジェンスは、ビジネス目的で使用されており、小売市場が推進するもう1つの強力なユースケースとして浮上しています。インテリジェンスは、マーケティング、運用分析、およびその他のビジネス目的に使用されてきました」。Omdia | Tracticaは、世界のVA収益が2018年の11億ドルから2025年には45億ドルに増加すると予測しています。

当レポートは、VAテクノロジーを取り巻く市場動向を調査し、2025年までの予測を提示しています。主要プレーヤーの詳細なプロファイルに加え、主な市場促進・抑制要因、アプリケーション市場、および技術面の課題を徹底的に分析し、提示します。対象となる主要なアプリケーション市場には、政府、小売、消費者、スマートシティ、重要なインフラなどが含まれます。市場予測は、世界の地域別、アプリケーション別、ユースケース別(セキュリティ vs. ビジネスインテリジェンス)、そしてインテリジェンスのロケーション別(エッジ vs. オンプレミス、クラウド)に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]