人工知能ソフトウェア市場は、2025年までに年間世界売上で1,260億ドルに達する

330を超えるAIユースケースが、自動車、消費者、金融サービス、通信、小売業界で最も強力なエンタープライズAI機会を備えた28の業界で市場の成長に貢献

消費者、企業、政府、および防衛部門の人工知能(AI)は、概念的な「必要な」ものから、品質、効率、および速度の向上を促進する不可欠な技術に移行しています。Omdia | Tracticaの新しいレポートによると、AIが大きな変革をもたらす可能性が高いトップ産業セクターは、長年投資しても収益を生まない可能性の高い実態のないユースケースではなく、AIを組み込むための明確なビジネスケースがある業界となるでしょう。AIへの投資が迅速に効果を表し、その結果として利益に直結する可能性が高い産業には、通信、自動車、医療、広告、消費者(インターネットサービス)、ビジネスサービス、小売などがあります。

驚くことではありませんが、消費者部門はAI導入の適性を実証しています。AIアルゴリズムの駆動に使用されるデータ量は途方もないペースで増加し続けます。消費者の持つ端末が絶えず消費者データをキャプチャし、生成し続けるためです。こうしたデータはすべて、強力なAIアルゴリズムと超並列処理ハードウェアの開発への投資なしでは役に立ちません。こういった処理は今後データセンターだけでなく、ますますエッジデバイスに集中してゆくことでしょう。Omdia | Tracticaは、トップのAI業種の多くが、モノのインターネット(IoT)データ、専用のディープラーニングアルゴリズム、および高性能なハードウェアの使用といった同じ戦略に従うと推定しています。 AIの採用が遅いセクターは、一般に、より小さなまたはより粒度の低いデータセットの使用とマシンラーニングアルゴリズムの使用によって定義されます。

「グローバルなAI市場は2020年に新しい段階に入り、物語はAIが実行可能かどうかを尋ねることから、AIがグローバルレベルで競争しようとするほとんどの企業の要件であると宣言することへとシフトしています」と、プリンシパルアナリストのKeith Kirkpatrickは述べています。マーケットインテリジェンス会社によると、AIは消費者(インターネットサービス)、自動車、金融サービス、通信、小売業界で成功する可能性が高いとのことです。驚くべきことではありませんが、消費者部門は、3つの重要な要素(大規模なデータセット、高性能ハードウェア、最先端のアルゴリズム)の組み合わせのおかげでAIをキャプチャする能力を実証しています。 Omdia | Tracticaは、多くのトップ企業のAI業界が、消費者インターネット企業と同様の戦略に従って、それを再現すると予測しています。世界のAIソフトウェアの年間収益は、2018年の101億ドルから2025年までに1,260億ドルに増加すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]