医療向け人工知能の市場規模、2027年に668億1197万米ドル到達予測

医療向け人工知能の市場規模は、2019年の36億3902万米ドルからCAGR44.0%で成長し、2027年には668億1197万米ドルに達すると予測されています。人工知能(AI)は、アルゴリズムとソフトウェアを使用して、人間の介入や指示なしに特定のタスクを実行します。AIは、機械学習、自然言語処理、推論、知覚などの技術を統合したものです。ヘルスケア分野では、人間の認知機能の近似性や、複雑な医療・診断用画像データの分析に使用されています。ヘルスケア診断における人工知能市場は、AIがもたらす成果の向上によって牽引されています。さらに、医療従事者と患者の間の連携を強化する必要性からも市場の成長を支えています。また、医療におけるビッグデータの重要性の高まり、精密医療の導入の増加、ベンチャーキャピタルの投資の急増なども、市場の成長に貢献しています。

AIヘルスケアスタートアップへの投資の増加

ヘルスケアにおける人工知能は、医療における最も重要な技術的進歩の一つです。AIを活用した画像診断ソリューションを開発しているスタートアップ企業の存在が、市場の成長の主な要因となっています。中国、米国、英国は、ヘルスケアイノベーションの拠点として浮上しています。中国を拠点とするヘルスケアAIスタートアップ企業は、政府のAIに特化した開発戦略、魅力的な投資、民間とのパートナーシップの恩恵を受けています。英国政府は、国立人工知能研究所を設立し、英国の大学やテクノロジー企業と協力して、がん、認知症、心臓病などの研究を行うことを明らかにしました。英国を拠点とするスタートアップ企業は、国民の匿名の医療データを英国国民健康保険サービスと共有することで、患者データライブラリの恩恵を受けています。

2019年の同市場は、診断ツール別に、医療用画像ツールセグメントが最大シェアを占めており、今後もこの傾向が続くことが予想されます。これは、AIベースの医療用画像ツールのFDA承認の増加に起因しています。一方、自動検出システムセグメントは、感染症診断における採用が増加しているため、今後、最も高いCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]