医療用ルーペの市場規模、2027年に6億5849万米ドル到達予測

医療用ルーペの市場規模は、2019年の3億9364万米ドルからCAGR6.8%で成長し、2027年には6億5849万米ドルに達すると予測されています。医療用ルーペは、小型の双眼または単眼の拡大レンズで、接眼レンズやヘッドフレームに固定して、臨床や外科手術の際に視界を拡大します。特に、歯科治療や一般外科手術に広く使用されます。このレンズは、解剖学的構造の色の解釈が良く、端から端までシャープに見えます。そのため、医師は明確かつ正確な手順を踏むことができ、患者の治療に有効な手段となります。

医療用ルーペは、レンズタイプ、用途、流通チャネル、地域別に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南・中央アメリカに分類されます。

医療技術の発展に伴い、市場ではさまざまな製品が発売されています。大手企業や新興企業は、製品開発やアップグレードを強化しています。例えば、2020年2月にOrascoptic社は、カスタム製品ポートフォリオに医療用ルーペの新シリーズTempo Refined Fitを発表しました。本製品は、鼻梁が低く、頬骨が高い顔の構造にフィットするように設計されており、決定的な快適さと機能を提供します。また、同社は2019年7月にTruColorを導入しています。これは、高演色性指数(CRI)照明を実現するための装置です。この開発により、ヘッドバンド型医療用ルーペに90CRIの照明を持つLEDライトを組み込むことを可能にし、より自然な色に近いレンダリングカラーの視覚化に成功しました。このことで、色の精度が低い手術時の部位や、口腔内を鮮明に映し出すことができます。また、2019年2月には、Enova Illumination社が細工用のルーペを商品化しました。同社は、2020年11月には、Activ Battery Systemを搭載したAxis LED Lightを発表しており、これは、クリップ式のマグネットライトに、ウェアラブルなネックバンド型バッテリーを搭載したLEDライトソリューションです。本製品は、歯科、口腔、顎顔面、美容顔面の処置を行う際に、ユーザーに快適さと視覚化を提供します。また、3万ルクスの照度を5時間以上維持し、手術部位に影を作らず均一な光を照射します。この開発により、ユーザーに快適な使い心地を提供し、施術中の姿勢を維持することが可能になりました。また、簡単に明るさを調整できる機能も追加されています。このような製品が市場に投入されることで、医療用ルーペ市場のさらなる成長が予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]