ポイントオブケア(POC)データ管理ソフトウェアの市場規模、2027年に8億5554万米ドル到達予測

ポイントオブケア(POC)データ管理ソフトウェアの市場規模は、2019年の4億4654万米ドルからCAGR8.6%で成長し、2027年には8億5554万米ドルに達すると予測されています。患者の検査データを管理し、後に使用するために記録することは、医療関係者にとって常に面倒な作業です。そのため、医療従事者がこの課題を克服するために、複数の企業がPOCデータ管理ソフトウェアを開発しました。このソフトウェアは、複数のデバイスからの記録、保存、閲覧などの機能を備えています。この市場の成長は、感染症の増加や生活習慣病の増加、新製品の発売や製品開発への注力に起因しています。さらに、発展途上国における医療施設やインフラの急速な改善、病院や診断ラボの数の増加、医療予算の急増は、今後のPOCデータ管理システムの需要を促進すると考えられます。また、発展途上国の新興市場は、今後の市場成長にプラスの影響を与えると考えられます。

感染症や生活習慣病の増加

ポイントオブケアとは、管理業務、患者データ、迅速な診断、医療記録の保存、データ送信などを管理するために設計されたソフトウェアとハードウェアの強力な組み合わせです。POCデータ管理ソフトウェアは、患者の病歴に関するデータを管理するために使用されますが、これは感染症や生活習慣病の発生率の増加に起因しています。さらに、伝染病の増加、心疾患、糖尿病など生活習慣病の増加、迅速なサービスへの要求、技術進歩の急増などにより、POCデータ管理ソフトウェアの必要性が高まっています。予防、スクリーニング、治療の戦略により、疾病への対処は世界的に大きく進展しています。また、マラリア原虫、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、ヒトパピローマウイルス(HPV)、デング熱、エボラ出血熱、ジカウイルス、結核菌など、複数の病原体による感染症が増加しており、POCデータ管理ソフトウェアの需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]