医療向けゲーミフィケーションの市場規模、2027年に359億8270万米ドル到達予測

医療向けゲーミフィケーションの市場規模は、2019年の30億7250万米ドルからCAGR36.2%で成長し、2027年には359億8270万米ドルに達すると予測されています。市場の成長は、ヘルスケアにおけるゲーミフィケーションの導入が進んでいることや、新しい技術が増加していることなどが要因とされています。しかし、長期的なユーザーエンゲージメントの難しさが、市場の成長を妨げていると考えられます。

医療分野におけるゲーミフィケーションの導入拡大

健康医療におけるゲームの導入は、1975年初頭に開始され、大きな役割を果たしてきました。さらに最近では、人工知能や拡張現実がヘルスケア分野に導入されたことで、ゲームは治療面でも注目されています。ゲームは、自分自身を表現する能力を患者に提供し、その結果により専門家が治療法を組み立て、効果をもたらすことができます。したがって、精神疾患や筋骨格・整形外科疾患などの慢性疾患の増加は、ゲーム技術によってある程度まで治療が可能なことから、医療向けゲーミフィケーションの需要が拡大すると予想されます。また、ゲーム療法は、日常でゲームを使い慣れている若い患者の治療に役立つことがわかっています。ヘルスケア分野では、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)などの新しい技術が導入されており、専門家が患者の精神疾患を治療したり、カウンセリングセッションを支援したりするのに役立っています。さらに、リハビリテーション療法にVRを組み込むことで、ビデオによる身体活動が可能になります。このように、治療目的でのゲーミフィケーションの導入が増えていることが、市場の成長を促進しています。

タイプ別ゲーミフィケーション市場

市場は、タイプ別に、カジュアルゲーム、シリアスゲーム、エクササイズゲームに分類されます。2019年には、カジュアルゲームが市場で最大シェアを占めました。これは、認知能力の向上に役立つことから、子どもや50歳以上の高齢者の間で導入が進んでいることに起因しています。同時に、企業による多様なカジュアルゲームの提供が加速しています。また、今後数年間は、フィットネスゲームと身体運動ゲームからなるエクササイズゲームの成長が予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]