患者登録ソフトウェアの市場規模、2027年に24億2658万米ドル到達予測

患者登録ソフトウェアの市場規模は、2019年の9億3006万米ドルからCAGR12.9%で成長し、2027年には24億2658万米ドルに達すると予測されています。臨床登録による医療情報の利用は、世界的に増加しています。臨床登録は、手作業と自動化された方法を組み合わせて、広範囲のデータを収集します。2018年にJournal for Electronic Health Data and Methodsに掲載された米国医師会の調査によると、米国のメディケアメディケイドセンターは、臨床医療の質の測定に、米国内の50以上の専門的な臨床登録データの約70%を使用していました。これらの登録では、質の向上、集団管理のベンチマーク、比較効果的研究、家庭医療、肺がん検診、インターベンショナルラジオロジー、メタボリック手術や肥満手術などの側面に焦点を当てています。患者登録には無料のライセンスが利用できるため、医療機関での導入が進んでいます。このように、米国には競争上の優位性をもつ、優れた臨床登録機関があります。

COVID-19の患者登録ソフトウェア市場への影響

2020年12月、欧州連合(EU)は、COVID-19を含む健康危機に対処するため、デジタルヘルスプロジェクトとして6600万米ドルを拠出し、欧州におけるデジタルおよび人工知能インフラを統合しました。この資金援助は、患者登録ソフトウェア市場での、デジタルヘルス企業の製品開発や製品導入を後押ししました。さらに、2021年1月、MedTech Europeは、医療の質の向上と健康危機への対応のため、デジタルヘルスの活用計画を発表しました。かつて、2017年に、米国では、前オバマ大統領が2009年の経済および臨床的健康のための医療情報技術法を導入しています。この法律は、医療機関が各プロセスにITソリューションを利用することに金銭的なインセンティブを与える一方で、利用しないところには金銭的なペナルティを課すというものでした。この法律により、特定の病気や症状に苦しむ患者の治療結果を評価するための、電子カルテや患者登録の導入が大幅に増加しました。このように、医療機関におけるデジタルツールの導入が急速に進んでいることが、患者登録ソフトウェア市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]