医療向けモビリティソリューションの市場規模、2027年に2720億5400万米ドル到達予測

医療向けモビリティソリューションの市場規模は、2019年の571億6265万米ドルからCAGR22.2%で成長し、2027年には2720億5400万米ドルに達すると予測されています。医療向けモビリティソリューションは、医療機関がワークフローを合理化し、労働力や患者データを効率的に管理するのに役立ちます。これらのソリューションは、モバイルアプリケーションやエンタープライズソリューションプラットフォームを通じて提供されます。ヘルスケアIT企業が提供するエンタープライズソリューションは、費用対効果の高いヘルスケア管理や効率的なヘルスケアリソース管理などのメリットをもたらします。

遠隔医療およびmHealthソリューションの採用の増加

遠隔医療およびmHealth技術の進歩と利用は、医師、患者、推進者、施設、および地域社会に恩恵をもたらしています。これらの技術は、モバイル技術の適切な使用を促進するとともに、患者の関与を高めています。この技術は、診断、診察、治療、その他多くの臨床面で、予約プロセスに広く利用されています。遠隔医療とmHealthの利用により、医療提供者は診療所を超えて患者のケアを行うことができます。また、医療費全体の削減、管理時間や人員配置の削減、内部コミュニケーションプロセスの改善、患者とそのデータの効率的な管理、看護活動の強化などが可能になります。遠隔医療アプリは、医療情報の収集、共有、分析、共同作業が簡単にできるため、医療従事者や医療費支払者にとって、医療管理の重要な実現手段となっています。さらに、遠隔医療アプリは、専門家が行った実験を学生が視覚化することで、その知識を学生や患者に簡単に伝えることができるため、医学教育サービスの提供にも利用されています。遠隔医療やmHealthアプリケーションの導入が進んでいることが、モビリティソリューション市場の成長を後押ししています。

医療向けモビリティソリューション市場は、製品・サービス、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に分類されています。 地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に分類されています。

また、製品とサービス別に、モバイルデバイス、モバイルアプリケーション、エンタープライズモビリティプラットフォームに分類されます。2019年は、モバイルデバイスセグメントが最大の市場シェアを占め、今後も、最高のCAGRで市場を支配すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]