小児用整形外科インプラントの市場規模、2027年に34億7979万米ドル達成予測

小児用整形外科インプラントの市場規模は、2019年の16億492万米ドルからCAGR10.2%で成長し、2027年には34億7979万米ドルに達すると予測されています。現代の子供の解剖学的骨格は成長しているのに対し、骨の強度は弱くなっています。そのため、整形外科領域の疾患では、骨や骨格の変形、その他の脱臼を修正するための特別な装置が必要となっています。医療システムの技術的進歩により、整形外科疾患の治療法は絶えず進化しております。そのため、病院やフィットネスセンターなどでは、治療法やソリューションを患者が容易に取り入れることができるような仕組みになっています。小児整形外科用インプラント市場では、整形外科的なソリューションや治療を容易にするために、装具、支持具、インプラントなど様々な製品が販売されています。これらの製品は、患者に、歩行時の快適性、痛みの軽減、手足の動きの補助、腫れや炎症の軽減、移動や歩行の自立などのメリットをもたらします。しかし、製品の認知や使用は、先進国や高中所得国を中心としたものです。そこで、国際協会をはじめ、さまざまな財団は、整形外科用装具の使用に関する意識を高め、義肢・装具(ISPO)の使用を促進しています。国際協会は、四肢の切断や四肢や脊椎の損傷を受けた人々を支援しており、機能強化と自立を達成するために、義肢・装具分野を世界的に発展させてきました。

整形外科領域の先天性障害は、胎児期の骨や筋肉組織の異常な発達が原因で起こります。March of Dimesが発表した調査によると、先天性障害の約60%は原因不明とされています。先天性障害は、親から受け継いだ遺伝子の異常、染色体異常による遺伝子の欠損、飲酒、喫煙、違法薬物の摂取、特定の薬剤、放射線、その他の適応症など、様々な要因が考えられます。先天性の整形外科的障害には、先天性障害の内反足、股関節の脱臼の原因となる股関節発育不全、足が曲がってしまう中足骨内反症、背骨の変形、骨形成不全、筋ジストロフィー、四肢の欠損、骨の感染症などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]