ペプチド治療薬の市場規模、2027年に500億315万米ドル到達予測

ペプチド治療薬の市場規模は、2019年の248億7855万米ドルからCAGR9.2%で成長し、2027年には500億315万米ドルに達すると予測されています。ペプチドは天然の生体分子であり、生物学的活動において重要な役割を果たしています。医薬品の研究開発では、慢性疾患の治療のため、新しいペプチドの開発に、多大な努力が払われてきました。近年、7000種類以上の天然由来のペプチドが同定されており、それらは神経伝達物質、ホルモン、イオンチャネルリガンド、成長因子などとして機能し、人間の生理機能を促進するのに役立ちます。市場の成長は、ペプチド治療薬への投資が拡大していることや、代謝性疾患や感染症の流行が主な要因です。一方、ペプチド治療薬には運用上の制限があります。

COVID-19ワクチンの開発にペプチド分子の利用が増えていることは、ペプチド治療薬市場の成長にプラスの影響を与えると推定されます。さらに、政府当局の広範なサポートも、ペプチドの採用に潜在的な機会を提供し、市場の成長を加速させることが考えられます。

タイプベースの洞察

市場は、タイプ別に、先発品とジェネリック医薬品に分割されます。先発品セグメントは、2019年に高いシェアを確保しました。一方、ジェネリック医薬品セグメントは、高いCAGRで成長すると推定されます。

投与経路ベースの洞察

市場は、投与経路別に、非経口、粘膜、経口、肺などに分類されます。非経口セグメントは2019年に高いシェアを確保しました。一方、経口セグメントは、高いCAGRで成長すると推定されます。

合成技術ベースの洞察

市場は、合成技術別に、固相ペプチド合成(SPPS)、液相ペプチド合成(LPPS)、およびハイブリッド技術に分類されます。固相ペプチド合成(SPPS)セグメントは、2019年に高いシェアを確保しました。一方、ハイブリッド技術セグメントは、高いCAGRで成長すると推定されます。

アプリケーションベースの洞察

市場は、アプリケーション別に、癌、代謝障害、心血管障害、呼吸器障害、痛み、および皮膚科に分類されます。がんセグメントは2019年に高いシェアを確保しました。一方、代謝障害セグメントは、高いCAGRで成長すると推定されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]