医療経済・アウトカムリサーチ(HEOR)サービスの市場規模、2027年に26億9956万米ドル到達予測

医療経済・アウトカムリサーチ(HEOR)サービスの市場規模は、2019年の11億1638万米ドルからCAGR11.9%で成長し、2027年には26億9956万米ドルに達すると予測されています。医療経済・アウトカムリサーチ(HEOR)サービスは、医薬品の承認や支払者への償還において重要な役割を果たします。HEORサービスは、治療の経済性を評価し、関連する結果を定量化することができます。同様に、ヘルスケア業界では、意思決定者は、製薬企業、医療機器企業、バイオテクノロジー企業が提供する治療オプションの中から、治療の介入を選択しなければならないというプレッシャーを感じています。医療経済・アウトカムリサーチ(HEOR)サービス市場全体の成長は、製品開発の増加と医療費支出の増加に起因しています。しかし、リアルワールドデータ(RWD)へのアクセスが制限されていることが、市場の成長を阻害する大きな要因となっています。

医療経済・アウトカムリサーチ(HEOR)サービス市場は、COVID-19パンデミック後に大きな成長が見込まれています。コロナウイルスが急激に出現した際、世界の医療インフラには限界や能力の低下が見られました。今後このような状況に対処するために、医療機関や政府はHEORサービスの利用を増やすと予想され、それが最終的に市場の成長を促進します。さらに、高度なデータ解析技術への需要も、市場の成長を促進すると予想されます。

医療費支出の増加が医療経済・アウトカムリサーチ(HEOR)サービス市場の成長を牽引

可処分所得の増加、技術的に進歩した製品やサービスに対する意識の高まり、優れた医療サービスへの需要の急増、償還政策や医療保険などにより、世界的に医療費が増加しています。世界保健機関(WHO)の報告書によると、7.5兆米ドルが健康部門に費やされています。これは、世界の国内総生産(GDP)の10%程度に相当します。同様に、医療費総額はGDPよりも急速に増加しています。高所得国での医療費総額が4%を占めるのに対し、低・中所得国では6%程度まで増加しています。しかし、この支出は、ケアの失敗、不適切な調整、過剰治療や低価値のケア、価格設定の失敗、詐欺や乱用、いくつかの管理上の複雑さなど、無駄による支出を避け、適切に管理することで節約することができます。経済協力開発機構(OECD)は、医療費の無駄を把握しようとしています。OECD諸国の医療費総額は、GDPの9%以上が費やされており、そのうち4分の3は政府が負担しています。このような無駄は、保健医療システムの財政的な持続可能性を弱めます。適切な管理や診断および治療計画によって、医療サービスのコストを削減することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]