メディカルアフェアーズアウトソーシングの市場規模、2027年に32億8712万米ドル到達予測

メディカルアフェアーズアウトソーシングの市場規模は、2019年の14億1500万米ドルからCAGR11.2%で成長し、2027年には32億8712万米ドルに達すると予測されています。メディカルアフェアーズは、現在の製薬、医療機器、バイオテクノロジー企業において重要な役割を果たしています。さらに、これらのサービスは、医療製品の初期段階(プレプロダクション)と後期段階(ポストプロダクション)の両方で拡大しています。メディカルアフェアーズのアウトソーシングサービスは、OEM(相手先ブランド製造)企業が、戦略的マネジメント、リソースコンポーネント、医療従事者のリソースを活用できるよう、柔軟で拡張性のあるソリューションを提供します。

メディカルアフェアーズアウトソーシング市場は、サービス、アプリケーション、地域に基づいて分類されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に分類されています。

各国のロックダウン状況により、非必須医療製品のサプライチェーンが制限されていることから、今後数年間は市場の成長が鈍化すると推測されます。一方、バイオ・医薬品アウトソーシング業界にはプラスの影響を与えており、研究開発活動に対する需要の増加に伴い、メディカルアフェアーズの支援も増加しています。この需要の高まりにより、様々なCROがアウトソーシング業務に注力しています。

臨床試験数の増加

臨床試験は、新薬や医療機器の安全性と有効性に関するデータを収集するために行われます。また、治療戦略や手順、医薬品や医療機器の安全性と有効性を判断するための重要なステップであり、商業的使用のための規制当局の承認を得るプロセスの一部でもあります。さらに、特定の治療分野における最良の医療アプローチを理解し、決定するのにも役立ちます。臨床試験の実施件数が増加しているのは、伝染病や非伝染病(NCDs)の増加によるもので、これが新薬や医療機器の開発需要の引き金となり、メディカルアフェアーズアウトソーシングサービスの需要を押し上げています。

米国国立医学図書館のデータによると、2018年には、50州と204カ国で28万801件の臨床研究が進行しています。臨床試験の数の増加は、メディカルアフェアーズサービスのアウトソーシングに対する需要を高め、同市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]