ゲノミクスの市場規模、2027年に499億9615万米ドル到達予測

ゲノミクスの市場規模は、2019年の190億8474万米ドルからCAGR13.1%で成長し、2027年には499億9615万米ドルに達すると予測されています。市場の成長を促す主な要因は、政府の支援の拡大、ゲノミクス研究の増加、シーケンスコストの低下、ゲノミクスアプリケーションの増加です。一方、熟練した専門家が少ないことが、ゲノミクス市場の成長を妨げています。科学者たちは、ゲノム配列データ情報を生成・共有し、病気の診断や制御のために利用しています。米国では、新型コロナウイルスの変異を追跡するために、ゲノム配列の解析を進めています。これは、新たな変異によって感染者数や入院者数が増加すると専門家が警告したためです。ゲノム配列の決定は、COVID-19の発生や新たに出現した亜種との戦いに役立ちます。

ゲノミクスへの資金提供の増加がゲノミクス市場の成長を促進

ゲノムシークエンスは、急速に臨床現場に移行しつつあります。また、少なくとも14カ国で総額40億米ドルを超える多額の政府投資が行われており、医療システムへの導入を支えています。これらの国家的なゲノム医療イニシアチブは、現実の状況下での変革を推進すると同時に、導入を阻む障害に対処し、エビデンスを収集することで市場の成長を後押ししています。英国では、慈善団体と製薬会社の2億米ドルの官民共同プロジェクトの一環として、世界最大のゲノムプロジェクトを発表しました。英国は、すでに10万人ゲノムプロジェクトを通じて、世界最大のゲノムデータベースを構築しています。UK Research and Innovationの一部であるInnovate UKが主導するこのプロジェクトは、研究者や産業界に資金を提供し、英国の医療サービスから得られるデータと実際のエビデンスを組み合わせて、迅速かつ効率的に疾病を診断する新しい製品やサービスを生み出します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]