多発性硬化症治療薬の市場規模、2027年に392億2359万米ドル到達予測

多発性硬化症治療薬の市場規模は、2019年の240億2690万米ドルからCAGR6.5%で成長し、2027年には392億2359万米ドルに達すると予測されています。多発性硬化症(MS)は、中枢神経系に影響を及ぼす自己免疫疾患です。免疫系が神経を攻撃することで、脳と体の他の部分とのコミュニケーションに問題が生じます。MSの治療には、免疫抑制剤や免疫調整剤、理学療法などが広く用いられています。

多発性硬化症治療薬市場は、薬効、投与経路、流通チャネル、地域別に分類されます。地域別に、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米などに分類されます。

多発性硬化症の罹患率の増加

多発性硬化症は、脳、脊髄、視神経が侵される慢性疾患です。多発性硬化症の症状としては、脱力感、不安感、味覚異常、感覚の低下、目のかすみや視力の低下などがあります。その他の症状としては、便秘、筋肉のこわばり、抑うつ、思考障害、排尿障害などがあります。世界的に多発性硬化症の罹患率が増加していることが報告されています。例えば、全米多発性硬化症協会の2017年の調査によると、米国では約100万人の成人がMSを発症していました。その後、2010年の推定有病率は、人口10万人あたり309件で、72万7344人に相当にします。また、カナダでは、(2014年から2015年の推計)7万7000人を超える人が多発性硬化症を患っており、そのうち四分の三は女性です。さらに、英国では、2018年に約11万の人が多発性硬化症を患っていると推定されています。同時に、男性よりも女性の方が2倍以上多く発症していることにも言及しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]