miRNAシーケンスおよびアッセイの市場規模、2027年に4億6899万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「miRNAシーケンシング・アッセイ市場 – COVID-19の影響と世界市場の分析:2027年までの予測」(The Insight Partners)の販売を5月31日より開始いたしました。

マイクロRNA(miRNA)シーケンスおよびアッセイの市場規模は、2019年の1億9231万米ドルからCAGR11.9%で成長し、2027年には4億6899万米ドルに達すると予測されています。miRNAは、長さ20~30塩基の小さなノンコーディングRNA分子で、遺伝子の制御に重要な役割を果たしています。miRNAは、メッセンジャーRNA(mRNA)と部分的に相補的であるため、遺伝子の発現をダウンレギュレートするという主要な機能を果たしており、細胞の重要な機能を制御する鍵となっています。そのため、新しいmiRNAを同定するための広範な研究が行われています。miRNAシーケンスおよびアッセイ市場の成長は、miRNAの応用範囲の拡大や、ゲノミクス研究への資金提供の増加などが主な要因となっています。しかし、miRNAベースの治療薬の送達、有効性、特異性に関する課題が、市場の成長を妨げると予測されています。

広がるマイクロRNAの応用範囲

miRNAは、20~30塩基の長さを持つ非コードの低分子RNAのグループです。これらの分子は、標的となるメッセンジャーRNA(mRNA)に結合して遺伝子をサイレンシングし、遺伝子の発現を制御します。miRNAは、細胞の増殖、分化、アポトーシスなど、あらゆる細胞機能を制御しています。また、分化のプロセスに関与することで、組織のアイデンティティの形成に重要な役割を果たしています。そのため、miRNAは、細胞の種類を識別するための有用なマーカーであると考えられています。

さらに、miRNAは、ウイルス感染、自己免疫疾患、発がんなどの病理学的プロセスにも関連しています。いくつかのmiRNAは癌遺伝子(oncomiR)として作用し、他のいくつかのmiRNAは癌抑制miRNAとして作用します。miRNAの発現の変化は、さまざまな種類のがんの発生と相関しています。次世代シーケンシング技術と組み合わせたmiRNAは、新しいクラスのがんバイオマーカーとしての可能性が模索されています。miRNAは、がんの発生、進行、予後、診断、治療を評価する上で重要な役割を果たすと考えられています。さらに、いくつかのクラスのmiRNAは、HIV、ヘンドラウイルス、結核、マラリアなど、病原体によって引き起こされる感染症の有望なバイオマーカーとしても登場しています。

疾患の発症におけるmiRNAの役割が明らかになったことで、miRNAは新しい治療法の重要なターゲットとなっています。癌や肝炎などの疾患に対するmiRNAを標的とした治療薬が臨床段階に入っています。miRNAの応用範囲の拡大が、miRNAシーケンスおよびアッセイ市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]