血液分析装置・試薬の市場規模、2027年に130億787万米ドル到達予測

血液分析装置・試薬の市場規模は、2019年の72億5254万米ドルからCAGR7.6%で成長し、2027年には130億787万米ドルに達すると予測されています。血液分析装置および試薬は、個々の血球を高速かつ効果的に識別することを目的としたヘルスケア製品および消耗品です。これらの機器は、従来、検査技師が顕微鏡を使って行っていた、血球を個別に測定する方法に代わるものです。血液サンプルから、正確な血球の情報を測定することができます。

血液分析装置・試薬市場は、製品・サービス、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に分類されます。

血液疾患の影響は、必ずしも人体の一部分に限定されるものではありません。一般的な血液疾患には、貧血、血友病、フォン・ヴィレブランド病(VWD)、骨髄腫、白血病、リンパ腫などの血液がんなどがあります。血液疾患の中には遺伝性のものもあり、これらの疾患の増加に伴い、輸血や正常性を確認するための血球計数の需要が高まり、血液分析装置および試薬の必要性が拡大しています。

貧血は一般的な血液疾患で、米国国立心肺血液研究所によると、毎年300万人以上のアメリカ人が罹患していると言われています。さらに、世界保健機関(WHO)によると、2018年には全世界で16億2000人がこの疾患に罹患しています。貧血はインドでも多く、人々の生活の質に影響を与えています。2018年にインドで実施されたNational Family Health Survey(NFHS)によると、2016年にインド国内の子どもの58.6%、妊婦の50.4%が貧血の診断を受けていました。さらに、米国疾病管理予防センター(CDC)によると、血友病Aは、毎年平均して、米国の男性出生児の5000人に1人が罹患しています。2017年のCDCの調査では、最も一般的な出血性疾患の1つであるVWDは、人口の1%が罹患していると報告されています。2012年から2016年にかけて、1万4600人以上の人がVWDの治療のために血友病治療センターを受診しました。血液関連疾患の発生率の増加は、血液分析装置および試薬市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]