患者ポータルの市場規模、2027年に89億3875万米ドル到達予測

患者ポータルの市場規模は、2019年の21億8571万米ドルからCAGR18.8%で成長し、2027年には89億3875万米ドルに達すると予測されています。患者ポータルは、電子カルテと接続することで、患者が自分の健康記録にアクセスできるウェブベースのソリューションです。患者は自分の健康情報を共有し、遠隔でコミュニケーションをとることができます。HER(電子カルテ)の導入が進んでいることや、健康記録の維持を義務付ける政府規制などの要因が、市場の成長を促しています。現在、多くの医療機関がテクノロジーの導入やデジタルプラットフォームの導入に力を入れています。これらのプラットフォームは、まず患者データベースを作成し、それを病気の診断や治療の決定に利用することを目的としています。さらに、患者ポータル市場の成長は、慢性疾患の有病率の上昇、ビッグデータや医療ITツールの導入の増加、政府による戦略的イニシアチブの増加、病院数の増加などに起因しています。しかし、新興国ではソフトウェアに関する認知度が低く、データのプライバシーに関する懸念が市場の成長を妨げています。

電子カルテ(EHR)の需要の高まり

患者ポータルの市場成長の要因には、医療費支払者による患者中心のアプローチの採用と、電子カルテ(EHR)の需要の高まりが挙げられます。EHRは、医療業界のデジタル化が著しい速度で成長していることから、急激に普及しています。世界保健機関(WHO)によると、高中所得国の50%以上の国がEHRシステムを採用しています。各国政府は、健康記録を維持するための基準、規制、インフラの整備に注力しており、これが患者ポータルの需要を高めています。例えば、オーストラリアの国家デジタル健康記録プラットフォームは、2022年までに全ての国民が健康記録を持つことを目的として、My Health Recordを立ち上げました。これにより、国内のすべての医療従事者がプラットフォーム上で利用可能な医療情報を検索することが可能になります。同時に、COVID-19パンデミックの課題の克服に役立つことも証明されています。EHRは、医療機関が患者数の増加に備えるためのサージキャパシティの推奨に役立っています。2020年5月、米国連邦政府は、医療機関によるEHRの有意義な使用を義務付けるFederal Health IT Strategic Plan 2020-2025を提案しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]