アルミナセラミックスの市場規模、2027年に56億1527万米ドル到達予測

アルミナセラミックスの市場規模は、2019年の44億2890万米ドルからCAGR3.5%で成長し、2027年には56億1527万米ドルに達すると予測されています。アルミナセラミックスは、破壊強度は比較的低いながら、高い硬度と耐摩耗性を兼ね備えた電気絶縁性のエンジニアリングセラミックスです。通常白色ですが、ピンク色(アルミナが88%)や茶色(アルミナが96%)のものもあります。高純度アルミナセラミックスは、摩耗や腐食に強く、熱安定性も優れているため、高温耐性が重要な分野でもよく使用されています。同時に、摩耗部品の素材としても選ばれています。

2019年、アルミナセラミックスの最大市場は、アジア太平洋地域でした。自動車、医療、その他の産業分野の急成長が、市場の需要を拡大させています。アジアは主要な電気・電子機器製造市場の一つです。強度、剛性、熱安定性、耐摩耗性、硬度、低誘電率、耐食性、優れた誘電特性、耐薬品性などの特性が、アジア太平洋地域のアルミナセラミック市場を牽引しています。

COVID-19によるアルミナセラミックス市場への影響

化学・素材産業は、COVID-19によるサプライチェーンの寸断、技術イベントの中止、オフィスの閉鎖など、深刻な混乱に見舞われています。中国の工場が閉鎖されたことにより、サプライチェーンが制限され、製造活動、配送スケジュール、さらに、化学物質や材料の販売に支障をきたしています。企業は、製品納入の遅れや今後の製品販売の低迷の可能性を発表しています。さらに、欧州、アジア、北米の国々が渡航禁止を課しているため、ビジネスコラボレーションやパートナーシップの機会が妨げられています。これらの要因はすべて、化学・材料産業を制限しており、関連市場の成長を抑制する要因となっています。

自動車産業や医療産業におけるアルミナセラミックの需要拡大

アルミナセラミックスは、高い電気絶縁性、耐酸・耐アルカリ腐食性、耐摩耗性などの特性を持っています。アドバンストセラミックスは、自動車や電子機器部品など、さまざまな分野で使用されています。自動車分野では、セラミックベアリング、メカニカルシール、バルブ、センサーなど、アルミナセラミックスをベースにした製品が使用されています。また、プラスチックに比べて費用対効果が高く、耐久性にも優れていることも、広く使用される要因となっています。さらに、絶縁体、抵抗体、半導体など、さまざまな電気的特性を発揮することから、高電圧の送電線を支える幅広のセラミック絶縁体にも使われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]