鶏卵包装の市場規模、2027年に59億3201万米ドル到達予測

鶏卵包装の市場規模は、2019年の42億4342万米ドルからCAGR4.3%で成長し、2027年には59億3201万米ドルに達すると予測されています。鶏卵包装とは、卵を安全に保管・輸送するために特別に設計された包装材のことです。卵の殻はデリケートで多孔質であるため、丈夫で安全なパッケージングソリューションが求められます。一般的に使用されている鶏卵包装材には、カートン、トレイ、バスケット、コンテナなどがあります。これらは、板紙、再生紙、ポリエチレンテレフタレート、ポリスチレンなどを使用して製造されます。これらの素材は、利便性が高く、卵の取り扱いや輸送時のストレスや衝撃を吸収するのに役立ちます。また、この包装は、細菌、汚染、天敵、水分の損失などから卵を守ります。

2019年の鶏卵包装市場では、欧州が最大シェアを占めました。今後は、アジア太平洋地域が急速に成長すると予想されています。欧州における鶏卵包装市場の成長は、主に卵の消費量の増加と、外食産業や食品加工産業からの需要の高まりに起因しています。

COVID-19の鶏卵包装市場への影響

食品・飲料業界は、COVID-19の影響により、サプライチェーンの寸断、テクノロジーイベントの中止、オフィスの閉鎖など、深刻な混乱に見舞われました。中国は世界の製造拠点であり、様々な産業に最大の原材料を供給しています。中国で多くの工場が閉鎖されたことで、世界のサプライチェーンが制限され、製造活動、配送スケジュール、各種製品の販売に支障が出ています。さらに、欧州、アジア、北米による渡航禁止措置で、ビジネスコラボレーションやパートナーシップの機会が妨げられています。これらの要因はすべて、鶏卵包装業界に関連する市場の成長を抑制する要因となっています。

卵の輸送における利便性への関心の高まり

鶏卵包装は、消費者に高品質の卵を提供するために不可欠です。卵の包装は、細菌、汚染、天敵、水分の損失などから卵を守り、保管、輸送中に発生する可能性のある破砕も、鶏卵包装によって抑制することができます。輸送中の破損は、加工や流通のどの段階よりも高率で発生します。そのため、割れた卵に細菌が混入するリスクが高まり、品質の低下や食品安全上の問題が発生し、経済的な損失が発生します。そのため、卵の包装には、トレー、ダンボール、カートンなどの形態が主に用いられています。カートンは、卵の保護に最も優れており、保管や輸送時にかかるストレスや衝撃から卵を保護し、卵の損傷や破砕を抑制します。このように、卵の輸送にトレーやダンボール、カートンといった形態の鶏卵包装製品が好まれるようになったことが、鶏卵包装市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]