金属射出成形の市場規模、2027年に43億3852万米ドル到達予測

金属射出成形の市場規模は、2019年の24億5868万米ドルからCAGR7.5%で成長し、2027年には43億3852万米ドルに達すると予測されています。金属射出成形は、金属合金を使用しながら、製品設計者や生産技術者に多様性を提供する、柔軟でコスト効率の高い革新的なプロセスです。金属は、プラスチックやセラミック部品の代替品として機能します。金属射出成形では、品質と精度が重視され、要件を満たすためのプロセスが厳密に監視されています。特定の用途のために金属合金を選択した場合、部品の形状は成形作業のコストによって制限されてしまいます。金属射出成形は、金型内でネットシェイプパーツを形成することで、この問題を解決します。また、耐摩耗性や耐腐食性、熱安定性、高い機械的強度、寸法安定性などの利点があります。

2019年の金属射出成形市場は、アジア太平洋地域が最大シェアを占めました。都市化の進展、製造業の増加、自動車や電子機器の需要の高まりが、アジア太平洋地域の市場成長を牽引すると予想されます。また、同地域では、スマートカーや医療機器、消費財の需要が高まっており、市場の成長を後押ししています。金属射出成形は、高速生産、高効率、設計の柔軟性、選択肢の豊富な材料などのメリットがあります。また、金属射出成形のメリットへの認識が高まっていることや、電気自動車の安全性が認知されたことも、市場の成長を支える要因となっています。アジア太平洋地域は、最も高いCAGRを記録すると推定されています。

COVID-19の金属射出成形市場への影響

COVID-19の影響で、製造業は、サプライチェーンの断絶、技術イベントの中止、オフィスの閉鎖など、深刻な混乱に見舞われています。北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカなどの主要地域では、さまざまな工場やプラントが閉鎖され、サプライチェーンが制限され、生産活動や配送スケジュール、各種商品の販売に支障をきたしています。また、欧州、アジア、北米などの国々による渡航禁止措置は、ビジネスコラボレーションやパートナーシップの機会に悪影響を及ぼしています。これらの要因は、自動車、医療、防衛、エレクトロニクス分野の製造に支障をきたし、金属射出成形市場の成長を制限しています。

自動車・エレクトロニクス業界での技術活用の高まり

金属射出成形は、自動車、電気、電子などの業界で多く利用されており、家電製品の生産にも多く利用されています。エレクトロニクス業界では、小型で複雑な部品の需要が高まっていることに加え、電子機器の小型化への要求が高まっていることから、金属射出成形はエレクトロニクス業界で勢いを増しています。アップル社の大量生産部品であるライトニングコネクターにも金属射出成形が採用されています。また、光ファイバー部品、コールドプレート、ヒートシンク、携帯電話部品などにも金属射出成形が使われています。国際的なスマートフォン市場の拡大は、金属射出成形に大きな可能性をもたらしています。これらの製品の普及率の上昇が金属射出成形業界の拡大を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]