冷凍野菜の市場規模、2027年に253億8114万米ドル到達予測

冷凍野菜の市場規模は、2019年の181億8286万米ドルからCAGR4.3%で成長し、2027年には253億8114万米ドルに達すると予測されています。冷凍野菜市場は、2020年から2027年にかけて4.3%の成長率を記録すると予想されています。これは、ファストフード店の増加やコンビニエンスフードの需要増加に起因すると考えられます。また、有機冷凍野菜の消費量の増加により、冷凍野菜市場で活躍するベンダーは、市場機会を得ると期待されています。一方、先進国を中心にした、生鮮食品の需要が急増していることが、市場の成長を抑制しています。

アジア太平洋地域の冷凍野菜市場は、最高のCAGRで成長すると予想されています。これは、中間所得層の可処分所得が増加し続けていることに起因しています。消費者は、冷凍野菜などの食品に高い価格を支払うことを望んでいます。消費者の購買パターンの変化や都市部の人口の増加に加え、豊富な種類の冷凍野菜が入手できることが、この地域の市場成長を後押ししています。また、コンビニエンスフードへの嗜好の高まりにより、ヘルシーな食事カテゴリーにおける冷凍野菜の需要が増加していることも、市場成長を促進すると考えられます。APAC(アジア太平洋地域)における冷凍野菜の需要拡大には、食生活の変化と高栄養価製品への需要の高まりが大きく影響しています。さらに、インド、中国、などの新興国では人口が増加しており、幅広い消費者層をもたらしています。オーストラリア、中国、インドなどのアジアの先進国および新興国の消費者は、日中働いているため、調理時間を短縮し、栄養価の高い食品を提供するコンビニエンスフードを好む傾向があります。

COVID-19パンデミックの冷凍野菜市場への影響

食品加工業界は、COVID-19の影響で、工場の操業停止、サプライチェーンの分断、技術イベントの中止、オフィスの閉鎖など、深刻な混乱に見舞われています。工場や機械の停止、サプライチェーンや流通網の断絶は、冷凍野菜市場の成長にマイナスの影響を与えています。

クイックサービスレストランの拡大

ファストフードやクイックサービスレストラン(QSR)は、利便性が高く、大量生産された食品を美味しく食べられるだけでなく、お金と時間の面でも経済的であるため、人気が高まっています。ファストフードやQSRは、消費者の嗜好の変化に対応しているため、増加傾向にあります。消費者はこのようなレストランで食事をする際、便利さと迅速なサービスを求めています。QSRは、座って食事ができるだけでなく、ドライブスルー、テイクアウト、宅配など様々なサービスを提供しており、消費者の現代的なライフスタイルに合ったものになっています。冷凍野菜は調理時間が短く、使い勝手が良く、素早く調理することができます。QSRの成長と増加に伴い、冷凍野菜の需要は拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]