機能性タンパク質の市場規模、2027年に177億6748万米ドル到達予測

機能性タンパク質の市場規模は、2019年の102億9791万米ドルからCAGR7.2%で成長し、2027年には177億6748万米ドルに達すると予測されています。消費者は、ウェルネス、健康、栄養に関するコンテンツに注目しています。食品業界は、健康的なライフスタイルを考慮して、継続的に新製品を導入しています。機能性食品素材の中でも、タンパク質は、動物性および植物性の天然素材に含まれている重要な要素です。また、体の組織や器官の構造、機能、調節に必要であり、体を円滑に機能させるために重要な役割を果たしています。機能性タンパク質がもたらすメリットに対する消費者の意識の高さが、市場の成長に大きく貢献しています。また、アジア太平洋、中東・アフリカ、南米の新興国における消費者の可処分所得の増加も、市場の成長に寄与しています。

2019年の機能性タンパク質市場は、アジア太平洋地域が最大シェアを占めました。アジア太平洋地域の新興国では、中間層の人口が急増し、都市化が進んだことで、市場の主要プレーヤーに有利な機会を提供しています。アジア太平洋地域の機能性タンパク質市場の成長は、ヘルスケア意識の高まりと、栄養価の高い健康的な食生活に対する消費者の関心の高まりが主な要因となっています。さらに、この地域では、機能性タンパク質を多く含む育児用粉ミルクの販売が増加しています。働く女性の増加とともに、乳児のための健康的で便利な食品の需要が、市場の成長を後押ししています。

COVID-19の機能性タンパク質市場への影響

COVID-19のアウトブレイクにより、北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカなどの主要地域の工場やプラントが閉鎖されると、サプライチェーンが制限され、製造活動、配送スケジュール、各種商品の販売に影響が及びました。また、ヨーロッパ、アジア、北米の国々による旅行禁止令で、国境が閉鎖され、輸送にも問題が起きています。ビジネスコラボレーションやパートナーシップの機会も失われることになり、機能性タンパク質市場の成長を抑制しています。

消費者の意識向上に伴う慢性疾患の増加

機能性タンパク質は、免疫機能を維持するために有用なタンパク質の混合物です。最近では、世界中の人々が健康的なライフスタイルを意識しており、栄養製品にかなりの費用をかけています。機能性タンパク質は、心臓病、脳卒中、慢性腎臓病などの原因となる血圧を下げる働きがあります。米国疾病予防管理センターの推計によると、米国では成人の約半数が高血圧症に罹患し、高血圧症の治療薬を服用しています。また、世界的に肥満の患者数が増加しています。肥満は、心臓病、2型糖尿病、脳卒中、癌など、様々な健康問題を引き起こします。このような問題を克服するために、人々は健康を維持するための方法を模索し、健康的なライフスタイルを選択しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]