特殊作物の市場規模、2027年に12億381万米ドル到達予測

特殊作物の市場規模は、2019年の9億8217万米ドルからCAGR2.6%で成長し、2027年には12億381万米ドルに達すると予測されています。特殊作物とは、果物や野菜、木の実、ドライフルーツ、園芸作物、花卉を含む苗木などを指します。特殊作物には、気候や地形の特徴から地域限定で栽培されるエキゾチックな作物も含まれます。人口の増加と一人当たりの可処分所得の増加に伴い、消費者の食事パターンのパラダイムシフトが見られ、健康的で美味しい食品の需要が高まっています。さらに、急速な都市化、民族構成、健康への関心、人口動態の変化なども、特殊作物の需要を促進する要因となっています。特殊作物の適用範囲の拡大、政府の支援策、自由貿易政策などが市場を牽引する主な要因です。しかし、環境面や貿易面での障壁が特殊作物市場の成長を制限しています。

2019年の特殊作物市場は、アジア太平洋地域が最大シェアを占めました。この地域は新興国で構成されており、国民の可処分所得の増加に伴い、消費者のライフスタイルが急速に変化しています。さらに、欧米のライフスタイルや急速な都市化の影響を受けて、コンビニエンスフードの成長が促進されています。顧客は、植物由来の食品に魅力を感じており、特殊作物市場の成長につながっています。地域の企業は、最適な市場シェアを獲得するために、さまざまな技術を導入しています。例えば、中国の企業は、市場の需要を満たすために熟成促進貯蔵を使用しています。熟成促進は、自然に熟した果物と同じ色、香り、味を保証します。多くの企業が熟成促進の必要性と重要性を認識し始め、熟成促進用倉庫を採用しています。

COVID-19による特殊作物市場に対する影響

農業界は、COVID-19アウトブレイクにより、サプライチェーンの断絶、技術イベントの中止、オフィスの閉鎖など、深刻な混乱に見舞われました。北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカの工場やプラントが停止したことで、世界のサプライチェーンに影響を与え、商品の製造、配送スケジュール、販売に悪影響を及ぼしています。特殊作物市場は、COVID-19のパンデミックの発生により、継続的な成長が危ぶまれています。そのため、各国政府は特殊作物農家を支援し、市場の勢いを回復させようとしています。

政府の支援と自由貿易政策

特殊作物の成長は、販売・マーケティング活動、害虫・病気の予防、研究開発など、政府の積極的な取り組みに強く支えられています。例えば、2018年農業改善法は、果物や野菜、木の実、苗木など、特殊作物の成長を促進するため、現行プログラムの再承認と延長を目的としています。この農業法案は、特殊作物生産者を支援するために施行されました。これらのプログラムを通じて、米国農務省は競争力の向上に注力し、マーケティング、害虫管理、研究、食品安全などの支援を行っています。また、この法案では、特殊作物に関連するいくつかの貿易問題を認識し、技術および輸出支援を提供しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]