デジタルビジネス支援システム(BSS)市場、2027年に80億1718万米ドル到達予測

デジタルビジネス支援システム(BSS)市場は、2019年の32億6507万米ドルからCAGR12.1%で成長し、2027年には80億1718万米ドルに達すると予測されています。北米地域では、過去数十年、デジタルビジネス支援システムの導入が盛んに行われてきました。北米は、世界的に見ても成熟した通信市場の一つであり、モバイルやインターネットの普及率が高い地域です。GSMAのレポートによると、2019年時点で、北米地域では人口の約2億9千万人がインターネットに接続していました。高度に規制緩和された通信サービスプロバイダー(CSP)により、今後、この地域はゆっくりとした成長を遂げると予想されます。しかし、運用効率を向上させるための需要の増加とCSP間の激しい競争は、この地域のデジタルビジネスサポートシステム市場を後押しすると予想されます。この地域の企業は、付加価値サービスをトップラインの収益を伸ばすための新しいチャネルとして認識しています。

IoTやクラウドベースのトレーニングや教育、コンサルティングサービスは、コネクテッドデバイスのユーザーが契約したサービスの利用状況を把握し、多数のCSPが提供するサービスを管理するため、BSS市場において不可欠な役割を果たしています。この地域では、いくつかの技術的、経済的な変化が、IoTとクラウド技術の成長と導入を後押ししています。オペレーティングシステムの研究を支援する団体であるUSENIXによると、世界では半数以上の家庭に少なくとも1台のIoTデバイスがあり、北米では70%以上の家庭にネットワーク接続されたデバイスがあります。IoTは、ビジネスの手順や考え方を変え、新しいビジネスモデルを提供しています。

COVID-19パンデミックがBSS市場に与える影響

北米は、米国やカナダなどの先進国が存在するため、デジタルビジネス支援システム市場の成長にとって重要な地域です。COVID-19の感染者数の増加は、国や地域の経済に悪影響を及ぼし、地域の事業活動や産業の成長を低下させています。一方で、COVID-19は、通信業界にプラスの影響を与えています。リモートワークや在宅勤務への移行が進んでいることが、ネットワークインフラと接続性の成長の主な要因となっています。この地域では、通信やネットワーク上の利便性を高めるために、デジタルBSSの需要が高まると予想されます。米国、カナダ、メキシコでは、工場や事業所が閉鎖されたことにより、デジタルビジネス支援システム市場は低迷したものの、BSS技術の成長が見られました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]