ゲームカメラの市場規模、2027年に1億3034万米ドル到達予測

ゲームカメラの市場規模は、2019年の8941万米ドルからCAGR5.0%で成長し、2027年には1億3034万米ドルに達すると予測されています。野生動物の研究やモニタリングへの支出が増加していることや、高度な技術を備えたゲームカメラの開発への注力などが、ゲームカメラ市場の成長を促進しています。また、住宅地や商業地でセキュリティ問題が急増していることも、将来の市場成長の原動力となるでしょう。一方、COVID-19の流行が続いているため、世界の経済、企業活動、そして、ゲームカメラ市場における企業収益への支障が予想されます。2021年半ばまでは、各国におけるビジネスのロックダウン、旅行禁止、イベントのキャンセル、サプライチェーンの混乱などが市場の成長を妨げると予想されます。

COVID-19パンデミックのゲームカメラ市場への影響

米国は、ゲームカメラの主要な製造・供給国であり、多数の企業がゲームカメラを製造しています。これは主に、狩猟活動の大幅な増加、研究機関や野生動物写真愛好家からの需要によるものです。国内でCOVID-19が発生したことにより、メーカーは多くの従業員を一時帰休させ、限られた人員で運営しています。これにより、ゲームカメラの生産量が大幅に減少し、ゲームカメラ市場の収益性が低下しました。また、ロックダウン期間中は、国境や州境が閉鎖され、個人の移動が制限されるため、ハンターや研究者の活動が制限され、ゲームカメラの需要が減少しています。

北米におけるハンティングの人気上昇が市場成長の原動力に

北米では、狩猟が最も人気のあるアクティビティの一つです。この地域には、狩りをすることができる狩猟動物がいます。ゲームカメラは、ゲームの活動の判断に役立ちます。この要因により、世界中でゲームカメラの需要が急増しています。ゲームカメラは、主に北米で狩猟場を歩き回る鹿やその他のゲームに従事するハンター向けに作られています。ハンターは、動物がカメラの前にいる時間を長引かせるため、フィーダーや餌ステーションの近くにカメラを置きます。米国では、鹿の狩猟は巨大なビジネスであり、ハンターは常に鹿の群れを管理するための効果的な方法を探しています。ゲームカメラを使用する主な利点は、鹿やその他の動物の写真をさまざまな角度から撮影して確認できることです。このように、ハンティング用のゲームカメラの製品開発戦略の高まりが、市場成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]