下水道ケーブルの市場規模、2028年に9772万米ドルに到達予測

下水道ケーブルの市場規模は、2020年の6618万米ドルからCAGR5.1%で成長し、2028年には9772万米ドルに達すると予測されています。下水道ケーブル市場は、ここ数年上昇傾向を示しおり、今後も続くと思われます。市場の成長は、下水洗浄作業における機械の使用が増加していることに起因しています。下水道ケーブルメーカーは、機械の需要増に対応できるように、機械メーカーからケーブルの大量供給を求められています。この要求に応えるために、ケーブルメーカーは生産ラインを拡大し、販売量を増やしています。下水道ケーブルメーカーは、新モデルの開発に力を入れているだけでなく、認定流通センターの設立にも力を入れています。この戦略により、メーカーはより多くの顧客にサービスを提供できるようになっています。

COVID-19パンデミックの下水道ケーブル市場への影響

COVID-19ウイルスの発生により、各国の自治体が下水清掃活動を行ったため、ケーブルを含む関連アクセサリーと下水道機械の導入が急増しました。下水掃除の頻度が増加したのは、世界中でペーパータオルやワイプの使用が増加し、排水管や下水道の詰まりが増えたことに関連しています。下水道の清掃の増加は、下水道清掃機や下水道の交換用ケーブルの調達率の上昇につながりました。これにより、下水道ケーブル市場では、売上高が増加し、市場の成長を押し上げることになりました。

人口増加と都市化が下水道ケーブル市場の成長を促進

世界の人口は、ここ数十年の間、上昇傾向にあります。先進国だけでなく、発展途上国でも都市人口の増加が続いており、下水道問題が深刻化しています。国連によると、2018年には世界人口の55%が都市部に居住しており、2050年には68%まで増加すると予想されています。都市人口は、北米、APAC(アジア太平洋地域)、欧州、中東で集中しています。一方、アフリカの人口は依然として農村部に集中しており、都市部の人口は全体の43%程度です。都市人口の増加に伴い、下水洗浄プロセスを迅速化することが求められています。これは主に、住宅の排水管の詰まりに由来しています。排水管や下水管の詰まりの原因としては、生ごみ、トイレットペーパーやティッシュ、人の髪の毛、汚れなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]