エクスプレス配送の市場規模、2027年に3782億3370万米ドル到達予測

エクスプレス配送の市場規模は、2019年の2393億3750万米ドルからCAGR6.3%で成長し、2027年には3782億3370万米ドルに達すると予測されています。エクスプレス配送は、最も迅速な配送方法です。24時間から72時間以内に発送されるため、顧客はエクスプレス配送には追加の配送料を支払います。エクスプレス配送市場を牽引している主な要因は、Eコマースの普及が進んでいることです。世界的なスマートフォンの普及とインターネットの普及率の高さが、電子商取引の普及にプラスの影響を与えています。また、消費財の即日配送に対する企業の投資が増加していることも、エクスプレス配送市場の成長を促進する要因となっています。

エクスプレス配送市場は、配送先、ビジネスタイプ、エンドユーザー、地域別に分類されます。配送先別には、国内と海外に分類されます。国内市場は、エクスプレス配送市場の中でも特に重要な位置を占めています。ビジネスタイプ別には、B2B(企業間取引)とB2C(企業と消費者間取引)に分類されます。今後は、B2Bセグメントが市場を支配すると予測されます。エンドユーザー別には、BFSI、自動車、医薬品、IT・通信、エレクトロニクス、小売・Eコマース、その他に分類されます。2019年は自動車分野が最大シェアを占めていますが、今後は小売・電子商取引分野が高いCAGRを記録すると考えられます。

エクスプレス配送は、消費者が注文した商品を時間内に届けることで、顧客の満足度を高め、ブランドへの信用を確保します。例えば、世界最大のオンライン小売業者であるAmazonは、即日配送を積極的にサポートしており、すでに多くの都市でサービスを開始しています。一方、ここ2、3年の間に、競合のエクスプレス配送業者が新たな試みやビジネスを成功させています。さらに、WalmartやAlibabaなどの大手マルチチャネル・オンライン小売業者も、即日配送をビジネスモデルに組み込むための戦略的な取り組みを始めています。先進国、発展途上国ともに、電子商取引に精通した地域が重要な成長拠点となっています。顧客は、あらゆる商品がインターネット上でリアルタイムの評価やフィードバック、最適な価格で購入できるため、オンラインプラットフォームを利用せざるを得なくなり、このことがEコマース産業を大きく成長させています。需要の増加に伴い競争が激化し、顧客は商品ができるだけ早く届くことを期待するようになりました。このことは、即日配送やインスタンス配送への企業の投資を増加させる要因となっています。

COVID-19パンデミックのエクスプレス配送市場への影響

COVID-19の発生により、米国は世界で最も深刻な影響を受けている国であり、そのため、この地域に存在するすべての産業のビジネスが影響を受けています。医療業界では、パンデミック中もエクスプレス配送業者のサービスは利用されていたものの、その他の産業の需要の減少が、エクスプレス配送市場の成長にマイナスの影響を与えています。しかし、この地域の関連企業は、パンデミックで発生した損失の影響を取り戻すために必要な措置を講じています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]