アグリテックの市場規模、2027年に411億7250万米ドル到達予測

アグリテックの市場規模は2019年の74億4270万米ドルからCAGR12.1%で成長し、2027年には411億7250万米ドルに達すると予測されています。市場は、北米、欧州、APAC(アジア太平洋地域)、MEA(中東・アフリカ)、SAM(南米)に分類されます。2019年は北米地域が市場を支配しました。AgWorld、AgBiome、Hortau、AeroFarms、Harvest Automation、Farmers Business Networkなどの企業が、アグリテック関連の技術、システム、ソフトウェアを提供する事業を展開しており、同地域の市場成長を後押ししています。また、米国には数多くの商業用農場や新興企業が存在し、農業技術の普及に役立っています。

COVID-19パンデミックのアグリテック市場への影響

2020年のCOVID-19危機は、さまざまな産業に多大な影響を与えました。さらに、2021年もこの傾向は続くことが予想されています。COVID-19は、世界中の農業ビジネスやサプライヤーに影響を与え、多くの地域で新鮮な野菜や果物が不足しており、アグリテック市場の世界的な成長を妨げています。

高度な農業技術への投資

社会のデジタル化により農家同士のつながりが強まる中、IoTやクラウドなどの最先端技術の活用は、農家に先進的な農業エコシステムの導入を促しています。アグリテックが提供する機能には、農業バイオテクノロジー、アグリビジネス・マーケットプレイス、バイオエネルギー・バイオマテリアル、農場管理ソフトウェア、センシング・IoT、農場ロボット、機械化・設備、中流技術、新規農業システム。農業バイオテクノロジー、新しい農業・農場管理システム、センシング・IoT製品などがあり、投資対象として魅力的な農業技術です。また、関連新興企業の急増も、各方面からの投資を集める要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]