牛用スマート首輪タグの市場規模、2027年に5億1380万米ドル到達予測

牛用スマート首輪タグの市場規模は、2019年の2億4310万米ドルからCAGR10.9%で成長し、2027年には5億1380万米ドルに達すると予測されています。2019年の市場シェアは、欧州が圧倒的に多く、次いで北米、アジア太平洋地域となっています。畜産業界にIoT(モノのインターネット)技術が導入されたことで、酪農家は家畜を管理するための新しいソリューションを手に入れました。家畜の活動をリアルタイムで監視し、自動給餌システムや健康管理装置などの新しいスマートテクノロジーを導入することで、酪農家の収益率が向上しました。牛用スマート首輪タグを装着したことによるコスト削減効果は、市場成長の重要な要因の一つです。酪農家や牧場主は、牛の現在位置を特定し、行動を監視するためにスマート首輪タグを採用しています。

COVID-19パンデミックの牛用スマート首輪タグ市場への影響

業界レベルでは、スマート首輪タグの需要は、COVID-19により大きな影響を受けました。COVID-19パンデミックにより、固定投資、個人消費、産業活動は減少し、2020年第1四半期および第2四半期において、各国のスマート首輪タグの需要の伸びを妨げました。各国政府が実施した事業活動の抑制により、需要のすべての要素に影響が及びました。輸出や設備投資の減少も、牛用スマート首輪タグ市場にマイナスの影響を与えています。

酪農分野での需要拡大

世界の人口は増加の一途をたどっています。食糧農業機関によると、2050年までに世界の総人口は約98億人に達すると予想されています。増え続ける人口を養うためには、農家は現在の生産量の70%以上の食料を生産する必要があります。同様に、乳製品の需要も急増するため、酪農家にとっては大きな成長機会となります。酪農家は、酪農経営を強化するために、精密畜産システムなどの新しい方法を採用しています。精密畜産システムは、酪農家のためのリアルタイムモニタリング管理ツールです。このシステムは、個体レベルの牛の行動に関する情報をタイムリーに酪農家に提供します。これは、何か問題が発生した場合、農家が即座に行動するのに役立ちます。精密農業システムは、牛に取り付けられたスマート首輪タグに組み込まれています。この首輪タグは、牛が機械のゲートに到達すると、ロボット搾乳機に信号を送信します。イギリスでは、2019年4月、Agricultural Engineering Precision Innovation Centreで、約50頭の牛に5Gスマート首輪タグを装着し、搾乳作業の自動化を実現しました。これらの首輪はロボット搾乳機に接続されており、牛が機械のゲートに到達すると、搾乳作業を開始するよう信号を発信します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]