スマートリテールデバイスの市場規模、2027年に26兆3494億4000米ドル到達予測

スマートリテールデバイスの市場規模は、2019年の17兆434億8000米ドルからCAGR6.1%で成長し、2027年には26兆3494億4000米ドルに達すると予測されています。小売業界は、デジタル化に向け急速に進化しています。また、非接触型、キャッシュレス型、オンライン型の決済ソリューションへの需要が急増しており、スマートリテールデバイス市場の急成長が予想されます。通信ネットワークやIoT技術などのインフラ整備が、同市場を後押ししています。スマートフォン、キオスク、クラウドプラットフォームの使用が増え、インフラの成長をサポートすることで、小売業界に変革をもたらしています。5G、AI、IoTなどの先進技術の登場により、先進国だけでなく発展途上国でもスマート小売店の成長が促進されています。モバイルプリンターへの無線技術の浸透や、複数の小売店でのバーコードやRFIDスキャナーの利用が進んでいることが、スマートリテールデバイス市場の成長の主な原動力となっています。

また、COVID-19の影響から、スマートフォンなどのネットワーク接続機器の販売拡大に伴い、スマートペイメントソリューションの導入が進んでいます。スマートリテールデバイス市場は、技術、アプリケーション、地域別に分類されています。技術別には、市場はデジタルサイネージ、スマートラベル、スマートペイメント、スマートカート、その他に分かれています。アプリケーション別には、予測型機器メンテナンス、在庫管理、スマートフィッティングルーム、フットトラフィックモニタリング、その他に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋(APAC)、中東・アフリカ(MEA)、南米(SAM)に分類されています。

COVID-19パンデミックがスマートリテールデバイス市場に与える影響

スマートリテールデバイス市場のプレーヤーも、COVID-19パンデミックの影響で、販売量の低迷を経験しました。さらに、工場や製造施設の一時的な閉鎖により、2020年の第1四半期には、産業界におけるスマートリテールデバイスの調達量が減少しました。この影響は、2021年の最初の6ヶ月間にも及ぶ可能性があります。一方、市場には、小売業が非接触型決済、キオスクでの交流、スマートカートの導入など、新たな成長モデルが登場しています。大手小売企業は、小売業者向けのソフトウェアやアプリをサポートするスマートリテールデバイスを開発しました。スマートフォンと統合された新しいアプリは、小売業者が店舗内でソーシャルディスタンスを確保するのに役立ち、米国疾病対策センター(CDC)が課しているような規制ガイドラインを満たすことができます。

スマートペイメントデバイスの普及拡大

サービス品質の向上を目指して市場での競争が激化する中、小売店のペイメントシステムが変化しています。スマートリテールデバイスは、小売店のオペレーションと消費者のショッピング体験を向上させ、小売店に大きなメリットをもたらします。また、強力な通信インフラの開発により、スマートIoTデバイスにシームレスな接続性が提供され、市場拡大につながりました。インターネットサービスの高速化、低コストシステム、5Gの台頭など、さまざまな支援要因がスマートリテールデバイス市場の成長を加速させています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]