セルフサービスキオスクの市場規模、2027年に214億1540万米ドル到達予測

セルフサービスキオスクの市場規模は、2019年の113億1930万米ドルからCAGR8.6%で成長し、2027年には214億1540万米ドルに達すると予測されています。2019年のセルフサービスキオスク市場は、北米が中心でした。米国は、近代的な技術やITインフラの先進国です。技術の進歩により、北米全域が競争の激しい市場となっています。この地域には、堅牢な技術の開発に多額の投資を行う大企業があり、すでにセルフサービス型のキオスクソリューションの導入を行っています。B2C、B2Bなどのデータ取引が継続的に増加しているため、近い将来に、組織とそのパートナーの成長が加速することが予測されています。多くの企業が、データを正確に、効率的に、安全に交換するために、セルフサービスキオスクソリューションに関心を示しています。北米は、金融、小売、旅行、エンターテイメント、ヘルスケアなどの業界からの需要の高さから、セルフサービスキオスクの市場シェアが最も高くなっています。この地域では、小売業者は顧客ニーズを重視しており、インタラクティブキオスクの開発への投資が進められています。米国政府は、セルフサービスキオスクソリューションの採用により、効率化とコスト削減を実現しており、他の組織のモチベーションにもつながっています。

COVID-19パンデミックがセルフサービスキオスク市場に与える影響

米国はセルフサービスキオスクの一大市場です。2020年にはCOVID-19の発生により、小売店が深刻な影響を受けました。2020年にキオスクシステムを導入する可能性があった企業は、導入計画を遅らせるか、完全に停止しなければならず、同市場に多大な影響を与えました。しかし、パンデミックが緩和され、業務が再開されるにつれて、セルフサービスキオスクの需要は回復すると予想されます。

技術革新の進展がセルフサービスキオスクの導入を支える

技術の進歩に伴い、CortanaやSiriなどのインテリジェントパーソナルアシスタントやナレッジナビゲーターのアプリケーションをセルフサービスキオスクに導入する動きが活発化しています。これらのセルフサービスキオスクソリューションは、データ分析を活用して販売量や顧客の購買習慣などを管理することで、消費者と機械のエンゲージメントを高めるように設計されています。ベンダーは、店舗全体で製品やサービスを促進するために、顧客にオンラインショッピングを提供する高度なセルフサービスキオスクを開発しています。これは、商品のデモを行うことで小売店の体験を向上させ、在庫を持たずに商品を販売することを可能にします。さらに、QRコードやRFID、スマートフォンを使った決済など、高度な技術を駆使したソリューションを導入することで、消費者はスマートフォンやギフトカード、クレジットカード・デビットカードなどを使って購入した商品をチェックすることができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]