鍛造の市場規模、2027年に1004億483万米ドルに到達予測

鍛造の市場規模は、2019年の728億9007万米ドルからCAGR5.1%で成長し、2027年には1004億483万米ドルに達すると予測されています。鍛造市場は、自動車および航空宇宙産業からの需要により、緩やかな成長を遂げています。航空旅客数の増加に伴い、航空宇宙産業が成長しており、鍛造航空宇宙部品の製造を後押ししています。また、各国政府が風力発電に力を入れていることから、風力発電プロジェクトへの投資が大幅に増加しており、風力発電用鍛造部品の需要が増加しています。しかし、鍛造品の価格の高さと安価な代替品の存在が、市場の妨げになっています。鍛造市場は、技術、材料、産業別に分類されます。技術面では、密閉型鍛造が世界シェアの70%以上を占めると推定されています。密閉型鍛造は、自動車部品や鍛造継手など、高い精度が要求される用途に使用されます。材料別では、2019年には鋼合金セグメントが最大の市場シェアを占めました。鋼合金セグメントの優位性は、炭素鋼の低価格と容易な入手性に起因します。さらに、高い衝撃強度と延性の向上が同部門の成長を後押ししています。産業別では、自動車産業が最大のシェアを占めています。鍛造された自動車部品は、鋳造や機械加工で製造された部品に比べて強度があります。また、自動車に使用される鍛造部品は、機械加工をほとんど必要としないため、自動車メーカーはコストと時間を節約することができます。風力発電分野は、世界的な投資の増加により、最も高いCAGRで成長すると予想されています。

COVID-19パンデミックが北米の鍛造品市場に与える影響

COVID-19パンデミックが米国に広がったことで、すべての産業に大きな課題をもたらしています。多くの生産工場が一時的に閉鎖され、サプライチェーンや物流業界にも悪影響を及ぼしています。米国やカナダなどの主要国でロックダウンが行われたため、鍛造技術のサプライチェーンにも悪影響が出て、鍛造品の製造にも影響が出ています。

経済状況の改善とプロセスの革新による市場成長

急速に発展しているエンドユーザーセグメントでは、複雑で革新的な製品に対する需要が増加しています。自動化された閉塞型鍛造プロセスにより、装置メーカーの関心は新しい装置やプロセスの開発に移っています。商用航空宇宙用途では、超大型のニッケルやチタンベースの合金部品を鍛造することができます。現在、閉塞型鍛造市場の成長は、自動化により中程度のプラスの影響を受けており、今後、この成長は加速することが予想されます。金属成形市場の完成度を維持するために、鍛造事業者は、弾力性があり、柔軟で適応性のある、無駄の少ない鍛造プロセスの提供に注力しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]