RFIDロックの市場規模、2027年に87億7961万米ドル到達予測

RFIDロックの市場規模は2019年の35億8511万米ドルからCAGR12.6%で成長し、2027年には87億7961万米ドルに達すると予測されています。RFIDロック市場は、北米、欧州、APAC(アジア太平洋地域)、MEA(中東・アフリカ地域)、SAM(南米地域)の5つの主要地域に分類されます。2019年はAPACが市場シェアを支配しました。APACは、中国、インド、東南アジア諸国などのさまざまな発展途上国と、日本や韓国などの先進国で構成されています。都市化の進展、国民の可処分所得の増加、人口動態の変化などにより、今後の大幅な成長が見込まれています。また、インドや中国などで、政府による住宅改革が進んでいることから、住宅建設の促進が予想されます。さらに、低価格のスマートフォンの登場によりスマートフォンの所有率が高まっているため、個人のスマートフォン対応のアクセスソリューションの購入が可能になっています。

COVID-19パンデミックのRFIDロック市場への影響

COVID-19の大流行は、電子機器や半導体を含む各業界に大きな混乱をもたらしました。Electronic Components Industry Association(電子部品工業会)によると、COVID-19の出現により、製品リリースの遅れ、サプライチェーンイベントの混乱、その他の業界活動の停滞が引き起こされています。メーカーは、ロックダウン措置や製造リソースの制限により製品の需要が減少したため、製造を一時的に停止しています。また、RFIDストリップやチップを含む様々な電子・半導体製品のメーカーでは、リードタイムの大幅な遅延が発生しており、サプライチェーンが弱体化しています。同様に、ロックシステムのメーカーも、ロックに組み込まれているRFIDストリップやチップの調達が遅れています。その結果、生産量が減少し、最終製品の出荷が遅れました。これは、RFIDロック市場にマイナスの影響を与えています。

ホスピタリティ産業の拡大

ホテル数の増加に伴い、モバイルアクセスサービスなどの高度なアクセス技術へのニーズが高まっています。さらに、Bluetooth Low Energyアップグレードモジュールやスマートロックを使用してホテルの部屋のセキュリティを向上させることは、ホテルが合理的なチェックインサービスを提供するのに役立つため、ホスピタリティにおいて重要な要素となっています。ホテルオーナーからの需要の高まりを受けて、アクセスコントロールシステムメーカーとハイテク企業は、ホテルやその他のホスピタリティ産業に含まれる建物向けのスマートドアロックを共同で開発しています。様々なホテル経営者が、より良い顧客体験を提供するために、従来の磁気キーカードではなく、非接触型のRFIDカードを採用しています。RFIDカードとロックを使用することで、煩わしさがなくなり、迅速な入室が可能になります。RFIDロックは、リストバンド、モバイルデバイス、キーフォブなど、さまざまなアクセスクレデンシャルに対応しているため、ホテル経営者の間で利用が促進されています。また、デジタルキーの更新により、高価なプラスチック製キーカードの使用を防ぐことができます。長期的には、使い捨てのプラスチックカードの使用を最小限に抑えることで、ホテルの運営コストと二酸化炭素排出量を削減することができます。このように、RFIDロックは、ゲストの満足度を高め、運営コストや二酸化炭素排出量を削減することができるため、世界中のホスピタリティ分野で需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]