ドラッグ&ドロップ式アプリビルダーソフトウェアの市場規模、2027年に11億2882万米ドル到達予測

ドラッグ&ドロップ式アプリビルダーソフトウェアの市場規模は、2019年の7億9039万米ドルからCAGR4.6%で成長し、2027年には11億2882万米ドルに達すると予測されています。ドラッグ&ドロップ式のアプリビルダーソフトウェアフレームワークは、ITや業界の専門家が、従来のコンピュータプログラミングではなく、ユーザーエクスペリエンスのアプローチでビジネスアプリケーションソフトウェアを設計することを可能にします。ドラッグ&ドロップ式のアプリビルダーは、フリーランサー、新興企業、中小企業、大企業のほか、さまざまな組織のIT部門でも利用されています。これらのアプリの多くは、コーディングのスキルがなくても開発できます。市場の成長は、アプリ構築用のユーザーインターフェースのインターネット普及率の上昇や、中小企業におけるITアプリの採用が主な要因となっています。しかし、ベンダー提供のカスタマイズに依存していることが、市場の成長を妨げています。

ドラッグ&ドロップアプリビルダーソフトウェアのエコシステムにおける主なステークホルダーは、サービスプロバイダー、ソフトウェアプロバイダー、およびエンドユーザーです。市場には、数多くのドラッグ&ドロップアプリビルダーソフトウェアおよびサービスプロバイダーが存在します。エンドユーザーには、主要なフリーランサー、新興企業、中小企業、大企業が含まれ、これらの企業は、クラウドベースやウェブベースなどのオンラインビジネスを行っています。電子商取引プラットフォームの普及やインターネットの普及率の上昇も、オンラインエンドユーザーの間でドラッグ&ドロップ式アプリビルダーソフトウェアの採用を後押ししています。企業はアプリを作成し、ウェブやモバイル機器を通じて多くの人々にソフトウェア提供しています。

COVID-19パンデミックのドラッグ&ドロップアプリビルダーソフトウェア市場への影響

COVID-19のパンデミックは、世界中のテクノロジー、メディア・通信、エレクトロニクス・半導体、小売・eコマースなどの垂直分野で大きな波紋を呼んでいます。例えば、北米では、米国やカナダなどの先進国において、イノベーションを促進するための政府の政策、広く精通した産業基盤の存在、人々や企業の高い購買力などにより、新技術の採用や導入の最前線にあります。一方、同市場におけるパンデミックの影響は2021年も続くと考えられます。

インターネットの普及とアプリ構築のためのUIの利用の増加

パソコンやスマートフォンの低価格化、インターネットの定額制などにより、インターネット利用者数は増加しています。2020年7月現在、世界のユニークインターネットユーザー数は45億7000人、すなわち全人口の59%に達し、年間成長率は8.6%、平均インターネット利用時間は6時間42分となっています。過去10年間、インターネットトラフィックに最も貢献しているのはアジア諸国です。インターネット利用の急増により、企業はターゲットとなる見込み客に効果的にアプローチするためにデジタルメディアを採用するようになりました。大企業も中小企業も、インターネットで消費者を惹きつけるために、クリエイティブなデジタルコンテンツを開発・展開しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]