3Dディスプレイの市場規模、2027年に22億5323万米ドル到達予測

3Dディスプレイの市場規模は、2019年の4億9138万米ドルからCAGR22.6%で成長し、2027年には22億5323万米ドルに達すると予測されています。2019年の3Dディスプレイの市場シェアは、北米が圧倒的に多く、次いでアジア太平洋、欧州となっています。メガネをかけずに3D映画を見るという技術が、近い将来、北米の3Dディスプレイ市場を牽引すると考えられます。映画以外にも、ゲーム、ラップトップ、ハンドヘルド機なども、近い将来、北米では3D対応になると言われています。3D画像を見るためのメガネの必要性をなくす自動立体視対応3Dディスプレイは、市場に多大な影響を与えることが考えられます。スマートフォンやテレビにおける3Dディスプレイの高度なアプリケーションは、有利な機会を提供するでしょう。今後、ゲーム業界に3Dディスプレイが採用されることで、家電製品部門は革新的なコンセプトを加えることになります。

COVID-19パンデミックの3Dディスプレイ市場への影響

COVID-19パンデミックは、自動車、小売、家電などの第一次産業に大きな混乱をもたらしています。電子機器や製造業の急激な落ち込みは、3Dディスプレイ市場の成長にマイナスの影響を与えています。工場の閉鎖、渡航禁止、貿易禁止、国境封鎖などの措置は、消費者向け電子機器の製造に悪影響を及ぼしています。

先進的な3Dディスプレイ技術の応用が市場の成長を促進

3Dビジュアライゼーションの魅力と潜在的なアプリケーションは、常に3Dディスプレイ分野の開発の成長要因となってきました。ソニーやLGの3Dテレビや3Dモニターのように、ステレオスコピック3Dディスプレイ技術をベースにした最初の消費者向け製品が開発されて以来、現在のオートステレオスコピック3Dディスプレイソリューションに至るまで、3Dディスプレイの市場は常に発展しています。家庭用電化製品、自動車、医療、軍事・防衛、メディア・エンタテインメントなどの産業が、3Dディスプレイの採用に向けた主要な市場となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]