PoE (Power over Ethernet)の市場規模、2027年に19億1740万米ドル到達予測

PoE (Power over Ethernet)の市場規模は、2019年の8億2040万米ドルからCAGR11.8%で成長し、2027年には19億1740万米ドルに達すると予測されています。政府や企業がテクノロジーの重要性に気づくにつれ、スマートシティの開発に向けた政府や民間の取り組みが生まれています。スマートシティは、カメラ、センサー、レコーダーなどの様々なスマートデバイスが接続されていることが特徴で、情報通信技術を活用して、より良い公共の福祉、サービスレベル、経済発展、持続可能性を提供します。さらに、スマートシティは、安全レベルの向上、効率的な公共サービス、公共交通機関のサービス向上、エネルギーの効率的な利用、経済発展の機会、データに基づく意思決定システムなどの利点で知られています。持続可能な開発の必要性がスマートシティへの道を開き、POE市場のプレーヤーに成長の機会をもたらしています。さらに、2022年に販売されるスマートフォンのうち、約76%が5Gに対応するという予測からも、スマートデバイスのディスプレイやヘルスモニタリング機能の最適化が考えられます。これは、消費者の関心をインテリジェントデバイスに向けさせるための重要なドライバーとなります。さらに、製造業や商業部門では、資産追跡におけるRFID(Radio-frequency identification)技術の導入によるPOEの需要が高まっています。効率化やコスト削減のためのIoTの導入は、PoE 市場の成長を後押ししています。

2019年のPoE市場は、北米が優位に立っており、今後もその傾向を維持すると予想されています。ここ数年、IoT(Internet of Things)や機械対機械の通信の登場により、データ通信技術の発展があり、北米でのPoEの需要が高まっています。現在、この地域で使用されているモバイル機器や通信機器が安全に動作するためには、開発プロセスでのソフトウェアおよびハードウェアのテストが必要です。北米では、スマートフォンをはじめとするコネクテッドデバイスの普及が進んでおり、シームレスな機能を確保するためPoEの需要が高まっています。

COVID-19パンデミックのPoE市場への影響

北米で最もCOVID-19の影響を受けているのは米国です。感染者数の増加に伴い、政府は工場の操業停止、渡航制限、国境の閉鎖、ロックダウンなどの様々な封じ込め策を講じています。この地域の製造施設では、ローテーションによる操業、施設周辺の定期的な消毒、人との接触を避けるための対策が行われています。北米は多くの製造企業が存在する地域であり、PoE市場におけるCOVID-19の影響は、2021年の第1四半期まで続くと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]