自動ドアセンサーの市場規模、2027年に18億5727万米ドル到達予測

自動ドアセンサーの市場規模は、2019年の12億5723万米ドルからCAGR5.1%で成長し、2027年には18億5727万米ドルに達すると予測されています。病院、レストラン、政府機関や協同組合のオフィスなどの商業スペースでは、充実したサービスを提供するために、設備機能への投資を行っています。ドイツ、米国、英国、中国などでは、自動ドアセンサーの先進的な開発を行っています。また、米国陸軍により自動ドアセンサーの需要が増加していることも、市場の成長を支えています。インド、中国、インドネシアなどの発展途上国では工業化が進んでおり、政府による住宅開発が進み、自動ドアセンサー市場の成長を後押ししています。さらに、COVID-19の流行に伴い、病院や食品工場などでは、衛生面や社会的な距離感を保つために自動ドアの導入が進んでいます。

北米は、米国、カナダ、メキシコなどの主要国が存在する、技術上の先進地域です。また、北米には自動ドアセンサーのメーカーが多く存在するため、市場競争が激しくなっています。各社は自動ドアセンサーを他社よりも低価格で提供できるよう注力しています。さらに、米国の軍隊でも自動ドアセンサーの導入が増加しています。

COVID-19パンデミックの自動ドアセンサー市場への影響

COVID-19の発生による、旅行規制や製造工場の閉鎖、原材料や労働力の不足などにより、2020年5月の製造業の生産高は、前年比20.6%減となりました。一方、中国やインドなどで新しい空港の開発が進んでいることから、市場の回復が期待されています。日本、韓国、オーストラリアでは、現在もウイルス対策に取り組んでおり、産業経済が影響を受けています。

市場成長を促進する最終産業界からの需要

自動ドアセンサーは、その利便性から、多くの最終用途産業からの需要が高まっています。例えば、ドアをハンズフリーで動作させることができるため、病院や食品工場などの衛生管理が必要な場所に最適なソリューションとなります。また、病院への設置も増えており、ヘルスケア分野の成長は自動ドアセンサー市場の成長に直結しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]