航空機ビデオ監視の市場規模、2027年に6億3052万米ドル到達予測

航空機ビデオ監視の市場規模は、2019年の4億7275万米ドルからCAGR4.9%で成長し、2027年には6億3052万米ドルに達すると予測されています。航空業界では、機内のセキュリティや乗客・乗務員の安全レベルを向上させるための新しいソリューションを継続的に開発しています。航空機の全体像をオペレーターに伝えるため、ビデオ監視ソリューションへの需要が高まり、航空機ビデオ監視市場の成長を後押ししています。また、ビジネス航空機の急増は、航空機用ビデオ監視システムを開発する新たな機会を市場にもたらしています。先進国だけでなく、発展途上国でも小型・狭胴機の需要が高まっていることが、市場の成長を牽引しています。航空会社に対する顧客サービスの要望が増加していることや、規制上の要件が監視システムの需要を高めています。航空会社は、機内での不穏な動きや疑わしい行動を監視するために、ビデオ監視システムを導入しています。このビデオ映像が事件の視覚化に役立ち、起訴の証拠として使用することができます。

COVID-19パンデミックの航空機ビデオ監視市場への影響

COVID-19の発生により世界的な需要が減退したため、航空機メーカーの受注量が減少し、生産数も減少しました。この生産量の減少は、部品メーカーや関連技術のビジネスにも悪影響を及ぼしました。航空機ビデオ監視市場のプレーヤーは、航空機生産の不安定化により、深刻な影響を受けています。

ビジネス航空機の需要増加が市場の成長を促進

ビジネス航空分野では、企業による利用数の増加に伴い、航空機の需要が大幅に増加しています。ビジネス航空は、企業の発展と成長戦略のための新しいツールになりつつあります。1万7000機以上のビジネスジェット機が世界中の顧客にサービスを提供しています。このうち米国が全体の3分の2を占めおり、ロシア、中国、インドなどの国々は、2桁の成長率を記録しています。ビジネス航空機の利点は、旅行の機密性、セキュリティ、複数回のストップオーバー、発着時間の柔軟性、セキュリティチェックの軽減による時間の節約などであり、ビジネス航空分野を牽引する主な要因の一つとなっています。また、ビジネスジェット機の生産台数の増加に伴い、ビデオ監視ソリューションの需要も高まっています。ビデオ監視システムは、状況認識を強化し、インシデントを記録して分析するために、ビジネス航空機に導入されています。さらに、このソリューションは、コックピットドア、航空機の外装、キャビンにカメラを取り付けることで、乗務員や乗客にセキュリティ上のメリットを提供しています。このようなビデオ監視ソリューションにより、航空機のセキュリティレベルが向上しています。ビジネス航空業界では、COVID-19パンデミックの影響はそれほど大きくなく、約80%のオペレーターが購入計画に変更はないとしています。さらに、2021年から2030年の間に、最大7300機のビジネスジェット機の新規納入が予測され、総額2350億米ドルに達すると考えられます。ビジネス航空分野は、航空機用ビデオ監視システム市場に新たな機会をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]