水路測量の市場規模、2027年に1億5591万米ドル到達予測

水路測量の市場規模は、2019年の9719万米ドルからCAGR6.2%で成長し、2027年には1億5591万米ドルに達すると予測されています。世界各地で海洋構造物が増設され、これまで軽微とされていた多くの問題が重大な問題へと発展しています。水路測量や水深測量は、水域に大きな問題がないかどうかを確認するために行われます。水路測量の範囲は、内陸の河川や調整池の検査、沿岸の障害物の除去や沿岸内航路プロジェクトの定期的な状態評価、水中構造物の調査などを含みます。防波堤、護岸、桟橋、その他の河川管理構造物の調査は、構造物の地下の状態を評価するために行われます。水路測量は、船舶の安全を確保するものです。船舶は港を安全に行き来できるようになり、人命や財産の損失を防ぎ、環境を守ることができます。その上、沿岸地域の環境管理は海洋環境の変化に依存しており、海底の変化を特定できる水路調査の助けを借りて実行することができます。そのため、水路測量ソフトウェア市場の需要が急速に高まっています。排水処理システム、橋梁、港湾などの海洋インフラプロジェクトの増加が、水路測量ソフトウェアおよびサービスの需要の増加に寄与しています。さらに、オフショアのオイル&ガスプロジェクトへの支出が急増していることも、水路測量市場の成長を後押ししています。

COVID-19パンデミックの水路測量市場への影響

世界各地の工場や事業所の閉鎖は、水路測量市場にも悪影響を及ぼしています。労働力不足や、社会的距離の確保が困難であることから、世界の石油・ガスの活動が妨げられ、進行中のプロジェクトの停止につながっています。

発展途上国におけるエネルギー・電力プロジェクトが市場の成長を促進

アジア太平洋地域を中心とした発展途上国は、水路調査プロバイダーに多くの成長機会を提供すると考えられます。発展途上国では、工業化の進展に伴い都市化が進み、エネルギー消費量が急速に増加しています。さらに、家計所得の急増や、製造業・重工業の拡大に伴い、エネルギー・電力需要が増加すると考えられます。アジア各国では、風力発電や太陽光発電などのエネルギー・電力プロジェクトの数が急増しています。浮遊式太陽光発電プラントは、日本、中国、オーストラリア、インドネシア、マレーシアなどでも導入されています。このように、エネルギーや電力需要の増加により、水路調査市場のビジネスチャンスが広がることが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]