自動車用レーダーの市場規模、2027年に116億4077万米ドル到達予測

自動車用レーダーの市場規模は、2019年の50億1901万米ドルからCAGR14.9%で成長し、2027年には116億4077万米ドルに達すると予測されています。自動車用レーダー市場は、自動車の安全性に関する政府規制の強化、プレミアムカーの普及、自動車に搭載されるレーダーの数の増加など、さまざまな要因によって牽引されています。さらに、電気自動車(EV)の生産と導入の増加も、自動車用レーダー市場の成長を後押しすると予想されています。今後トレンドとなる、自律走行を実現するために、自動車の運転手や乗客に機能性と安全性を提供する視覚技術が増加しています。レーダーシステムは、自動車業界の視覚技術の中で最も確立された、信頼できる技術と考えられています。現在、いくつかの自動車メーカーからレベル3の自動運転車が提供されています。ここでは、緊急ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなどのアプリケーションのために、SSRやLLRを含むレーダーシステムが組み込まれています。

COVID-19パンデミックの自動車用レーダー市場への影響

北米は、乗用車の普及率が高く、自動車製造業が盛んな地域です。米国ではCOVID-19の感染者数が急増しましたが、自動車産業全体にはわずかな影響しか与えず、自動車用レーダー市場への影響も緩やかなものでした。一方、米国と中国の貿易戦争により、多くの自動車メーカーが材料や部品の供給に影響を受けました。また、メキシコとカナダでは、自動車販売の需要が減少したため、自動車部品の市場成長率も著しく低下しました。

交通事故や死亡者数の増加が市場の成長を促進

交通事故死は、各国で直面している公衆衛生上の重要な問題であり、その増加は国の発展の妨げになっています。世界保健機関(WHO)のデータによると、毎年約135万人が交通事故で死亡しており、かなりの経済的損失につながっています。この交通事故による損失は、多くの国で国内総生産(GDP)の3%に相当すると言われています。交通安全に対する意識を高め、交通事故による死亡者数を減らすため、世界中で啓発キャンペーンが行われています。このような活動の中で、先進的な自動車用レーダーシステムの搭載が進められています。レーダーシステムは、高度なクルーズコントロール、衝突警告、車線変更支援などを可能にし、また、不測の事故に関する警告をドライバーに伝えることもできます。レーダーを使用するOEM企業は、高度なレーダーソリューションの開発に努めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]