電子整流AC遠心ファンの市場規模、2027年に16億8770万米ドル到達予測

電子整流AC遠心ファンの市場規模は、2019年の13億78万米ドルからCAGR 4.1%で成長し、2027年には16億8770万米ドルに達すると予測されています。電子整流AC遠心ファン市場は、省電力性が重視されるようになったことで、大きな成長を遂げています。ECモーター(ECM)は、個別にDC電源を必要とします。ECファンは大幅な電力削減を可能にし、電気効率が要求されるアプリケーションに気流と冷却のソリューションを提供します。適切なファンの選択は、あらゆる設計の鍵となります。設計者は、信頼性と電力使用量を最適化するために最適なファンと動作点を選択するときに、両方の曲線を考慮します。ファンの設計とそのブレードタイプは、電力要件と効率に大きく影響します。製造業におけるエネルギー効率への要求の高まりが、電子整流AC遠心ファンの需要を押し上げています。

予測期間中、欧州は電子整流AC遠心ファン市場で最大シェアを占めると予想されます。欧州市場は、ドイツ、フランス、イタリア、英国、ロシア、その他の欧州諸国で構成されています。欧州には確立された産業部門があります。ドイツ、イタリア、フランスは、欧州の産業拡大の中で大きな割合を占めています。欧州のメーカーは、生産コストを削減し、競争力を確保するために新技術を導入しています。加工、鋳造、仕上げの高度な技術を必要とするハイテクファンの需要は、今後数年間にわたって成長すると思われます。欧州市場では、騒音のないファンが求められており、そのために電子整流式モーターが採用されています。これらのモーターは静音性に優れ、メンテナンスが少なくて済み、長期間にわたって信頼性の高いサービスを提供することができるため、この地域の市場成長を後押ししています。

COVID-19の電子整流AC遠心ファン市場への影響

COVID-19は、ロックダウン、渡航禁止、ビジネスの停止などにより、経済や事業に支障をきたしています。電子・半導体産業は、この混乱に耐えている主要なビジネスの一つです。中国は世界の製造拠点であり、様々な産業の最大の原材料供給国でもあります。アジア太平洋地域やヨーロッパなどの主要地域における工場やプラントのロックダウンは、サプライチェーンに悪影響を及ぼし、製造活動や配送スケジュール、商品の販売に支障をきたしています。これらの要因が、電子整流AC遠心ファン市場の成長を抑制しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]