HVACセンサーの市場規模、2027年に52億6470万米ドル到達予測

HVACセンサーの市場規模は、2019年の32億2220万米ドルからCAGR6.7%で成長し、2027年には52億6470万米ドルに達すると予測されています。HVACセンサー市場は、建設業の堅調な伸び、政府によるビル管理システムへの注目の高まり、電気代の高騰、自動車へのHVACセンサーの搭載などの要因により成長しています。また、スマートホームの進展や、HVACシステムとIoTの統合が、今後のHVACセンサー市場の成長を促進すると予想されています。また、HVACセンサーは、室内、ダクト、ケーブル、浸漬、壁などの用途でよく使用されています。多様な分野からの需要により、HVACセンサーが重要な役割を果たすことが期待されています。

COVID-19パンデミックのHVACセンサー市場への影響

COVID-19のアウトブレイクの発生により、製品リリースの遅れ、サプライチェーンの混乱などが発生しています。メーカーは、ロックダウンや製造リソースの制限を受けて、製造ユニットを一時的に停止しています。また、センサーなど電子・半導体製品のメーカーでは、リードタイムの大幅な遅延が発生しており、サプライチェーンが弱体化しています。これらが、HVACセンサー市場の抑制要因になっています。

機器メーカーは、中国製のHVACシステムとHVACセンサーに依存しています。2020年の第1四半期には、中国メーカーが製造施設を一時的に閉鎖したため、世界的に電子機器や半導体製品の需要と供給が減少しました。このことは、HVACセンサー市場にも悪影響を及ぼしました。

建設業界の飛躍がHVACセンサー市場の成長を促進

APAC(アジア太平洋地域)、MEA(中東・アフリカ地域)、SAM(南米地域)などの発展途上国では、商業施設の建設や、鉄道駅、バス停留所、空港、教育機関などのインフラ・施設の開発に多額の投資が行われており、建設部門が急速に成長しています。これは、生活水準の向上を求める都市人口の増加に起因しています。また、ショッピングモール、レクリエーションセンター、映画館、オフィスビルなどの商業施設の増加も、HVACシステムの導入を後押ししています。これらの国では、外国人投資家を有利なビジネス環境で誘致し、地元産業を支援することで、産業部門の強化を計画しています。外資系企業の中には、ASEAN地域の低コスト経済を理由に製造拠点を移転しているところもあり、さらなる産業施設の建設が予測されます。HVACシステムは建設プロセスに不可欠なシステムであるため、建設活動の活発化に伴い、HVACシステムの導入も増加すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]