トンネル掘削機の市場規模、2027年に94億3424万米ドル到達予測

トンネル掘削機の市場規模は、2019年の62億3613万米ドルからCAGR5.7%で成長し、2027年には94億3424万米ドルに達すると予測されています。トンネル掘削機は、軟弱地盤、硬い岩盤、変化に富んだ地盤、不均質な地盤など、さまざまな条件の地盤を掘削することができます。トンネルの直径は、1メートルから16メートルの範囲に及びます。掘削機には革新的なナビゲーションシステムが搭載されており、トンネルの線形に沿って正確に掘ることができます。また、24時間体制で監視されており、スタッフの設備も充実しています。この機械は、スムーズな掘削を可能にするとともに、掘削したトンネルの周囲にコンクリートのシールドを構築することが出来ます。最大直径15.43メートルのトンネル掘削機は、ドイツのヘレンケネヒト社が中国・上海のプロジェクトのために設計したものです。この機械は、1枚または2枚のシールドと後続のサポートツールで構成されています。シールドの前端には回転する切断ホイールがあり、切断ホイールの後ろにはチャンバーがあります。トンネル掘削機をうまく活用するには、掘り進める地面の状態に適した機器と切削工具を選ぶことが重要です。

トンネル掘削機市場の成長を促進する重要な要因の1つは、道路インフラの整備です。政府による鉄道プロジェクトへの投資の増加は、トンネル掘削機市場を牽引すると予想されます。例えば、デンマークとドイツを結ぶFehmarnbeltトンネルの建設は、2021年1月にデンマークで開始され、2029年に完成が予定されています。このプロジェクトでは、道路と鉄道を組み合わせた世界最長の浸漬管トンネルの開発が可能になります。2019年6月、中国鉄道工程設備集団有限公司は、ミラノとヴェローナを結ぶ鉄道プロジェクトのために、トンネル掘削機をイタリアに輸出しました。同機の直径は10.03メートル、長さは155メートル、重量は1800トンです。発展途上国における人口増加に伴う工業化・都市化の進展と、トンネルインフラの整備、安全規制の強化が、トンネル掘削機市場の成長を後押しすると考えられます。

COVID-19パンデミックのトンネル掘削機市場への影響

北米は、インフラを強化するための政府の政策により、新技術の採用と成長率が最も高い地域です。そのため、産業が抑制されると、この地域の経済成長が制限されます。現在、米国はCOVID-19の発生により、製造業や自動車産業など、あらゆる産業がマイナスの影響を受けています。米国、カナダ、メキシコなどの国では、すべての製造ユニットが閉鎖されており、同時に、トンネル掘削機市場の成長にも悪影響を及ぼしています。

道路インフラプロジェクトの成長

道路インフラ・建設業界は、先進国や発展途上国での人口増加や都市化の進展により、目覚ましい勢いで成長しています。政府によるインフラ整備への支出が増加し、各国で道路網の拡張が急速に進んでいることが、道路インフラ・建設市場を牽引しています。各国での新しい交通インフラへの支出や、既存のインフラのアップグレードにより、トンネル掘削機の需要が拡大しています。スマートシティの開発、トンネル掘削の自動化などが、同市場を刺激する要因です。主要国の政府は、円滑な道路輸送と移動時間の短縮を目的としたトンネルの設計に取り組んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]