ディーラー管理システムの市場規模、2027年に100億2830万米ドル到達予測

ディーラー管理システムの市場規模は、2019年の69億8167万米ドルからCAGR6.8%で成長し、2027年には100億2830万米ドルに達すると予測されています。ディーラー管理システムは、自動車ディーラーが顧客に迅速で信頼性の高い購入プロセスやサービスを提供することを可能にします。さらに、製品やサービスの連携を容易にし、修理に必要な部品の準備・装備を円滑にします。同システムは、修理・メンテナンスサービスや在庫管理のプロセスを簡素化し、シームレスな財務報告、給与計算、キャッシュフロー管理を可能にします。また、顧客関係管理(CRM)、ビジネス・インテリジェンス、レポーティング、在庫管理などの高い技術の統合により、顧客転換率や顧客維持率の向上を支援し、リモートヘルプデスクの維持にも役立ちます。

ディーラー管理システムへの投資、クラウド技術の導入、ペーパーワークから自動化への移行などが、ディーラー管理システム市場の成長を促進しています。さらに、在庫管理の改善、販売トラッキングの改善、CRMの強化、コミッションや保険の計算の改善、人工知能(AI)やデータ分析機能を組み込んだ管理システムへの需要などが、今後数年間の市場の成長を押し上げると考えられます。しかし、サイバーセキュリティ対策の不備によるセキュリティ上の懸念が市場成長の妨げとなっています。リアルタイムの可視性、ビジネスオペレーションの簡素化、魅力的な顧客とのコミュニケーションが、ディーラー管理システム市場の成長にプラスの影響を与えています。

COVID-19パンデミックが北米のディーラー管理システム市場に与える影響

COVID-19パンデミックの発生時のディーラービジネスの低迷は、2020年のディーラー管理システム市場の成長を若干妨げる要因となりました。しかし、米国の特定の州のディーラーは、輸送業界にとっても重要なビジネスであったため、パンデミックの間も事業を行うことを米国政府から正式に許可されました。全米自動車販売店協会(NADA)によると、米国政府はパンデミック中の自動車販売店の営業を許可しています。

自動車産業の発展がディーラー管理システム市場の成長を促進

過去数十年にわたり、自動車業界は数多くの技術的進歩を遂げてきました。デジタル技術の進歩により、自動車は先進的なソリューションを導入することが可能になりました。ディーラー管理システムは、スペアパーツの在庫管理や作業指示など、自動車会社にとって最適なソリューションです。このシステムには、メーカーと顧客の関係を追跡するためのCRM(顧客関係管理)とビジネス・インテリジェンス・ツールが組み込まれています。自動車ディーラーは、在庫と販売を管理するためにディーラー管理システムを好んで利用しています。また、このシステムは、自動車ディーラーが顧客、ディーラー、OEM間のやり取りを合理化することを可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]