航空機整備用工具の市場規模、2027年に43億4071万米ドル到達予測

航空機整備用工具の市場規模は、2019年の31億7770万米ドルからCAGR4.1%で成長し、2027年には43億4071万米ドルに達すると予測されています。世界の航空機製造業界は、民間航空機の需要の高まりを背景に、大きな成長を遂げています。インドを含む発展途上国の人口増加と可処分所得の増加が、航空機の需要を促進する重要な要因となっています。航空需要の高まりを受けて、エアバス社やボーイング社などの航空機メーカーは、生産量を増やし、航空機のメンテナンスサービスも展開しています。航空輸送量の増加に伴い、航空機の寿命を延ばすために機体の状態を維持する必要性が高まっています。新しい航空機の調達コストは、既存の航空機のメンテナンスにかかるコストよりもはるかに高いので、各国の空港では、メンテナンスの効率をさらに高めるために、先進的な開発プロセスを導入しています。航空機の健全性に関するデータをリアルタイムで取得し、次世代航空機の要件を満たすための技術システムの統合を進め、航空機整備用工具市場の成長を促進しています。

航空機の近代化に向けた支出の増加、法規制、旧型航空機の退役に伴う環境問題などを背景に、いくつかのエンジン開発プログラムが採用されています。多くのエンジンメーカーは、新しい航空機に搭載する経済的で効率的なエンジンの開発に力を入れています。また、先進的な航空機部品の調達は今後数年間で倍増すると予想されています。さらに、IoT(Internet of Things)、ブロックチェーン、AI(Artificial Intelligence)などの先端技術を航空機に統合することで、高水準のメンテナンスサービスが求められることになり、航空機整備用工具市場をさらに押し上げています。

COVID-19パンデミックの航空機整備用工具市場への影響

米国には航空機のOEM、部品メーカー、空港が集中しているため、COVID-19パンデミックは、それぞれの生産や収益に大きな影響を与えています。製造スタッフの数が減ったことで、生産量が減少しました。また、航空機の運航停止は、航空会社に損失をもたらし、航空関連サービスへの需要を制限しました。この要因は、同市場の収益源を停滞させ、航空機整備用工具市場の成長を抑制しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]