UHF帯RFID(RAIN)の市場規模、2027年に55億8833万米ドル到達予測

UHF帯RFID(RAIN)の市場規模は、2019年の20億1170万米ドルからCAGR13.8%で成長し、2027年には55億8833万米ドルに達すると予測されています。UHF帯の周波数スペクトルで動作するRFID(Radio Frequency Identification)システムは、UHF帯RFIDシステムと呼ばれています。RAINという言葉は、RAdio frequency IdentificatioNに由来しており、UHF帯RFIDとクラウドとの連携を示すものとして機能しています。この技術には、タグやリーダーなどの複数のハードウェアコンポーネントが組み込まれています。RFIDタグは、小売業、ヘルスケア、製造業などにおいて、あらゆる種類の物体を追跡するために使用され、また、資産や在庫を管理することもできます。UHF帯のRFIDタグ・リーダーは、433MHzと860-960MHzで機能します。このタグは、遠距離放射結合原理または後方散乱結合原理を利用して動作します。低周波(LF)や高周波(HF)のタグよりも読み取り範囲が広いのが特徴です。UHF帯RFIDタグは、アンテナとIC(集積回路)で構成されており、アンテナはRF波を受信するために使用され、ICには処理情報、4つのメモリバンク、送受信情報、衝突防止プロトコルなどが含まれています。

COVID-19パンデミックのUHF帯RFID(RAIN)市場への影響

COVID-19の発生と、それによるビジネス運営やエンドユーザーの需要への悪影響は、2020年のRAIN RFID市場の成長にある程度の影響を与えたと考えられます。また、COVID-19の流行により、エコシステムプレーヤーが製品をテスト、製造、流通、販売する能力が制限されました。しかし、サプライチェーンを正常化するために企業が行っているリストラクチャリング活動や、Eコマース業界への好影響は、UHF帯RFID(RAIN)市場のプレーヤーがビジネスを正常化するのに役立つでしょう。

小売業におけるRFID技術の採用拡大が市場の成長を促進

在庫追跡技術の継続的な開発により、小売業の成長はかつてないほど加速しています。小売業は、多くの企業の顧客へのリーチを高め、必要な情報を提供しています。FacebookやGoogleの広告など、オンラインマーケティングツールの重要性が高まっていることも、小売業の成長を後押ししています。アメリカでは、消費者のオンラインショッピングへの関心が高く、成熟した産業の一つとなっています。米国商務省国勢調査局が発表した事実によると、2020年第1四半期の米国における電子商取引の小売売上高は1603億米ドルで、2019年第4四半期に比べて2.4%増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]