ツアーオペレーターソフトウェアの市場規模、2027年には12億9507万米ドル達成予測

ツアーオペレーターソフトウェアの市場規模は、2019年の6億6734万米ドルからCAGR12.3%で成長し、2027年には12億9507万米ドルに達すると予測されています。ツアービジネスを牽引する主な要因は、地域間の接続性の向上、旅行やレクリエーション活動に対する人々の支出の増加、各国政府による観光産業の活性化のための取り組みなどが挙げられます。ツアーオペレーターには、顧客が消費した金額に見合ったリターンを得られるように、適切にビジネスを管理することが求められます。売上を増やして収益を最適化するためには、適切な構造と戦略の導入が必要です。そのためには、ツアーオペレーターは書類を作成し、より経済的に業務を管理する必要があります。ツアーオペレーターソフトウェアは、ツアービジネスの円滑な運営のために、すべてのビジネス活動と、顧客やその他関係者の管理を自動化します。また、旅行代理店との予約やその他作業を遂行するのに役立ちます。

COVID-19パンデミックのツアーオペレーターソフトウェア市場への影響

多くの国でCOVID-19によるロックダウンが行われており、旅行・観光分野に支障をきたしています。各国政府による国内・海外旅行の制限は、観光分野にマイナスの影響を与えています。COVID-19の拡散が続くと、ツアーオペレーターソフトウェア市場のプレーヤーにも深刻な影響が及びます。

新興国でのビジネスチャンスの拡大が市場の成長を後押し

新興国には美しい景色を楽しめる観光地がいくつもあり、観光産業が成長しています。例えば、ネパールは、ヒマラヤとエベレストを利用した観光部門を強化しています。ネパール観光局では、ドルポ・トレッキングやシミコット・トレック、ネパールの様々な隠れた渓谷を観光するための強力なサービスを提供しています。また、インドのゴア観光開発公社は、ヘリツアーの計画を発表しました。このプロジェクトは最近、政府から委託されたものです。これらの観光開発は、ツアーオペレーターソフトウェアの導入を促進し、魅力的なツアーパッケージの提供を可能にします。また、このソフトウェアの導入により、発展途上国のアドベンチャーツーリズムに新たな魅力が加わることが期待されています。このような取り組みは、ツアーオペレーターソフトウェア市場の成長に、プラスの要因になることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]