SoI (System of Insight)の市場規模、2027年に49億1452万米ドル到達予測

SoI(System of Insight)の市場規模は、2019年の15億3786万米ドルからCAGR15.9%で成長し、2027年には49億1452万米ドルに達すると予測されています。System of Insightのソリューションは、統計的モデリングツールを用いて、さまざまなデータセットの収集、マイニング、整理、変換、消費、分析を合理化し、パターンの検出、結果の予測、実用的なインサイトの提供など、さまざまな機能を提供します。また、記録システム(SoR)やエンゲージメントシステム(SoE)からのデータを分析するためのクロスファンクショナルなモデルが必要です。System of Insightは、記録システムとエンゲージメントシステムのデータを別々に分析し、過去にさかのぼって意思決定を行うという従来の方法をはるかに超えて、高度な分析技術をデータに導入することができます。System of Insightは、デジタルビジネスにおけるリアルタイム分析、記述的分析、予測的分析、予見的分析、認知的分析をサポートします。このシステムを実行することで、データの統合、データの可視化効果、効果的なユーザーインターフェース、カスタマイズされたアプリケーションなどの機能を実装し、企業が競争上の優位性を得ることができます。

COVID-19パンデミックがSoI市場に与える影響

COVID-19パンデミックは、ソフトウェアを含む世界中の様々な業界に影響を与え、IT・技術関連の支出に直接影響を与えています。事業の停止だけでなく、製品発売の中止や延期が、2020年のSystem of Insight市場の導入に影響を与えています。一方、この混乱によりリモートワークが増加しています。構造的に勝ち組とされるソフトウェア産業は、あらゆる産業にデジタル機能を与えています。

クラウドテクノロジーの重要性の高まりが、SoI市場の成長を後押し

APAC(アジア太平洋地域)は、GDPとテクノロジーの導入において、中国とインドが世界で最も急速に成長している地域とされています。さらに、日本はこの地域で最も技術的に進んだ国であり、ソフトウェアおよびテクノロジー産業の発展を可能にしています。また、ベトナム、マレーシア、インドネシアなどの東南アジアの成長国では、BFSIや小売業が成長しており、System of Insightのソリューションやサービスの需要が高まっています。地域の政府は、あらゆる産業用途で使用されている先端技術に投資しています。インドでは、ソーシャルメディア、クラウドコンピューティング、データ分析などの技術が、多くの業種の成長に市場機会をもたらしています。このように、アジア太平洋地域では、重要な技術への注目が高まっていることから、今後もSystem of Insight市場が急速に拡大することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]